北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

約2か月にわたった自粛モードも徐々に緩和され
(もちろん油断は禁物ですが)

マチも人も動きだしてきた感じです。

 

 

とは申せ大勢が1か所に集まる系は
やっぱりマダマダ難しいかな。

 

 

皆さん感染対策に最善をつくされてますが
100%の安全を担保することは不可能だし
参加者の皆さんの不安な心がまだぬぐえない。

 

 

てなわけで、私が独立以来14年近くお世話になっている
ベンチャー企業とその支援者が集まるコニュニティーが主宰する月例会にZOOMで参加いたしました。

リアルにお会いできないのは残念ですし
プレゼンが終わった後の交流会が
実は重要だったりするんですが、でもこれはこれで「アリ」。

 

 

歩みを止めずに風化を防ぐという意味でも非常に良かった。

それ以上に良かったのが参加のハードルが非常に下がった。

 

 

実は私。今までは残念ながら参加できたのが
1年に1回、あるかないかの幽霊会員(反省)。

 

 

本当は毎月参加したいんだけど
移動やら出張の都合でなかなかタイミングが合わない。。。

 

 

参加者の皆さんからもZOOM開催になったので
参加することが出来ましたとの声が
けっこうあがっていました。

 

 

こうして書くと、なんだかいいことずくめじゃん!

ですが、このあり方は

1)既に人間関係が出来ている

2)会員組織化されている

3)参加者の目的が明確である

以上の3点全部。あるいは1つが背景にある場合は

非常に有効だと思います。

 

 

特に2)の会員の離脱防止には効果的かなと。

会費制ビジネスって会費を払っている事を忘れて
参加してないのに引き落とされてる。

 

 

みたいな話を聞くことが多いですが
今回のような環境激変の時には
お客さんは一番最初に手をつけます。

 

 

不要不急と判断する出費の削減に。

自社の存在やビジネスを
不要不急と判断されないよう
必要に迫られて始めた取り組みを

今後は離脱防止に活かしていきたいですね。