北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨日ご縁をいただいて打ち合わせをさせて頂いたHさん。

 

 

お若いですがナカナカのやり手。

 

 

でも凄く腰が低くて好印象でした(^.^)

 

 

事前にご紹介者から、お人柄やザクッとしたヒストリーは
聞いておりましたが看板に偽りなしでした。

 

 

話しのメインは再生可能エネルギー事業を
検討されたいとのことで、その導入に関するコンサルティング。

まったくの素人ですと謙遜されてましたが、いやはや
ここに至るまでにご自身でしっかり勉強や下調べをされている。

 

 

なのでね質問が的を得ていて鋭い。

 

 

言い方を変えれば「質問力」があるなと感じました。

世間一般では再生可能エネルギー
とくに太陽光発電なんて買取価格は安くなって

もう儲かんないよ。ブーム終了!

 

 

なんて感じですし実際、ビジネスとしての
投資としての妙味は下がっている。

 

 

が、Hさんはそれらを踏まえたうえで
知らぬが故に「本当だろうか?」と
素朴な疑問をもち、先入観を持たずに

自分で調べて自分で考えた上で、ご相談に来られたわけです。

ご自分の仮説が正しいか否かを
冷静な第三者や専門家に確かめるためのご相談といえます。

 

 

ご相談を受けた私もコンサルタント冥利に尽きましたし
なによりも両者にとって実りある充実した時間を過ごせました。

めんどくさいことや自分ではよくわからないことを
「丸投げ」する人がたまにいますし

私もそういうパターンで
お仕事をお受けすることもママあります。

 

 

それはそれでビジネスライクに考えれば「あり」ですが

まずはご自分でご自分なりの仮説をたてる方が

相談する側も相談される側も両者にとって実り多く

WIN-WINで良い結果を得られやすいし

良い関係も長続きするんじゃないかなと思います。

 

 

で、その前提になるのは素直に素朴な疑問をもち
くわえて先入観を持たないこと。

 

 

事実それで成功されている若き経営者から学ばせて頂きました。

年齢性別は関係ないです。

今からでもぜひ「素直」「素朴」「先入観」

この3つのワード。お互い大切にしたいですね。