北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

数日前の話ですが、とある企業さんから
M&Aセミナー(オンライン)に参加しませんか?

というメールが来て
少し先でしたが都合があったので
参加を申し込ませていただきました。

 

 

そしたら昨日、電話がありまして

すみません。
同業者の参加はお断りしてますと(爆)。

 

そうですか。了解です。わざわざスミマセンと申し上げ
電話を終えてからメールとWEBを再度確認してみたんですよ。

んー。どこにも同業者お断りって書いてない(笑)。

 

 

ま、別に実害がないからいいんですけど
最初から書いておいてくれれば
お互いに手間は省けたのに。なんて。

 

 

ときたま玄関先などで「セールスお断り」なんて


書いてあるのをみかけますが

人それぞれ価値観も考え方も千差万別ですから

自分に合わないものは臆せず堂々と断っていいんですよ。

 

 

その方がお互いの精神衛生上もGood!

 

んが後出しジャンケンは
やっぱりねこう、あと味が悪い(笑)。

 

 

今回お誘いを下さった会社さん
M&A以外にもサービスメニューがあり
そちらにはどうぞ!

みたいな勧誘をしてきますが
まあ行きません。こうなると(爆)。

 

 

誰しもビジネスを広げたいし
一人でも多くの顧客を開拓したい気持ちもよくわかる。

 

 

が、受け入れられない
お断りしたいことがあるなら、あらかじめ

ちゃんと入り口に明記しておかないと
余計なトラブルを招きかねませんので

お互いに気をつけたいですね。

外交用語でいうところの「ペルソナ・ノン・グラータ」

(受け入れる側の国にとって歓迎できないと見なされた者)

は、結局のところ受け入れる側を守ることになるわけですから。