北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

先ほど、急きょ号外メルマガを
皆さまに配信させていただきました。

(下記ページの下段部分です)
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/05/14/?cat=4

 

 

そして下記を是非いま一度皆さまに
ごらんいただければと存じます。

https://www.smallsun.jp/smallsun_news/ronkou/entry-3158.html

 

 

私のもとにも連日、お客様やお知り合いの方
ご紹介いただいた方々から資金関連のご相談がきております。

 

 

と同時にM&Aや資本提携のご相談も増えてきております。

 

このブログでも何度かお伝えしておりますが

いますぐに「会社を売却したい!」という

ご相談を受けたとき、私はお止めしております。

 

皆さん。まずは「止血」して次に必要な「輸血」を
スピード重視で実行ですよ。とにもかくにも。

 

こんな言い方はアレですけど
まともな専門家やコンサルタントなら

今すぐにM&Aで会社売却だ!
なんて絶対にお薦めいたしません。

 

昨日、私が信頼して協業している
M&Aの専門家の皆さん方との会議でも衆目一致。

 

中小零細企業の皆さん
今すぐに、会社売りましょう!

なんて煽ってくる業者が来たら
是非是非、お気をつけてくださいませ。

 

M&Aのチャンスは早くても
今年の秋以降くらいからと私はみています。

 

 

いっぽう今をしのいで
「ああ、やれやれ」と思っていても

いやな事を言いますが
ピンチの第2波も同じく時間差で
タイムラグでやってくると思います。

 

今はみんなが大変だから
マスコミも連日のように報道します。

 

 

世間の関心が高い。つまりは世間の目があるので
中小零細企業の危機を救わねばと

受け手が理解把握できないほど
支援情報も洪水のようにあふれている。

 

しかしシビアな話、そのうち飽きられて
単なる風景と化したらね
マスコミも世間も関心を示さなくなります。

 

 

そうなった時、売り上げが思うように戻らない
資金が心細くなった。どうしよう?

 

 

などなどで慌ててもね
ハッキリ言って「時すでに遅し」です。

 

目先を「守り」で、しっかりと凌いだと同時に
次の仕込みと手立てを打たないといけません。

 

その一つの手段として
今だからこそ先を見据えて必要なことに対して
しっかりとみずからの声をあげること。

 

今は緊急融資でしのいでも
借りた金は返さねばならんのは世の常です。

 

 

安易なモラルハザードはNGですが
ほとんどの方は真面目に懸命に
今を、将来を考えて頑張っています。

 

 

どうか日々の取り組みを
無駄に徒労に終わらせないためにも
皆さんの声を下記にお寄せ下さい。

https://www.smallsun.jp/smallsun_news/ronkou/entry-3158.html

是非、よろしくお願いいたします。