北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

私が尊敬している企業再生分野を手掛ける先輩と

打ち合わせをしていたなかで

先輩が仰った言葉に深く感じ入りました。

 

 

愚痴や文句ってのは裏返せば宝の山なんだよ。という言葉。

 

私も企業再生を何件も手がけてまいりました。

 

 

そりゃね、うまくいっていない会社ですから

概して社内の空気は重く悪い(爆)。

 

 

働いている皆さんからすれば先行きが不安なうえに
異分子がとつぜんやってきて警戒心もあらわですよ。

 

が、徐々に付き合いを深めて

人間関係ができてきますとね、大きく二つに分かれるんですよ。

皆さんの反応や態度が。

 

 

一方は、ここぞとばかりに
愚痴やら不満のオンパレードを、どんどこぶつけてくる方々。

もう一方は暖簾に腕押し。

ほとんど反応らしい反応もなく、日々淡々と行動される方々。

 

 

別な言い方をすれば自分のこと以外には「無関心」な方々。

で、最終的にどちらが会社の再生に大きく貢献するかというと


前者の愚痴と不満をいう方々なんですよ。

 

 

愚痴や文句って、言葉としてみると嫌な感じですが

裏を返せば「関心」があるということ。

 

 

今はダメダメな会社だけと、この会社でこの仕事を続けたい。

 

 

だから何とか良い方向に変わってほしいという

願いの裏返しでもある。

 

 

モンスター●●みたいな度を超えたのは論外ですが。。。

そりゃ誰しも、いや私だって
愚痴や文句を聞き続けるのは嫌ですが

実はその愚痴や文句の中に、企業再生をおこなうにあたって

改革や改善をするためのヒントが隠されていたりするんですね。

経営者や管理監督者は愚痴や文句を紋切りするのみではなく

それが単なる利己的な我がままなのか

それとも未来につながる改善改革のヒントなのかを

見極める嗅覚を研ぎ澄ませましょうね。

私も引き続き研鑽します。T先輩に感謝(^.^)