北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

本日は閑話休題(笑)。

ブログの読者さんにはお馴染み?

私の週末恒例、ストレッチ整体(笑)。

 

 

ひょんなことから10年ほど前にはじめ
仕事の都合などで行けない時を除いて
毎週かよっておりました。

あれ、過去形?

いや、やめたわけじゃないんです。

 

 

緊急事態宣言がでているあいだは「休業」なんです。。。

再開したら電話が来るので心待ちにしております(^^;)

 

 

でもね、改めて思うんですよ。

 

 

やっぱりお客さんには商売をしている側がみずから
アクティブにアクションすることが欠かせないなと

 

 

私は「ここだ!」と決めた飲食店さんや
ご紹介した整体屋さんなど、いきつけにばかり行って
実はあんまり冒険しないタイプです。

(仕事は別なんですが。爆)

 

 

そんな私でも自分から、いきつけのお店に電話などで

「やってます?」「いつから再開?」

てな感じでアクションしないんですよ。

 

 

うまく説明できないけど(汗)
気恥ずかしさや申し訳なさみたいな
気持ちが入り交じった感じが心のどこかにある。

 

 

今回のように自らの意思ではなく
外的要因で行くことができない事態。

 

 

別に嫌われて離れたわけじゃないから
常連さんは必ず戻ってきてくれると

信じて待ってるだけでは

残念ながら「戻らない」と私は思う。

 

 

今回の件は好むと好まざるとにかかわらず
恐らくそれなりの期間、生活様式の変更を強いられてしまう。

 

 

そして人は何だかんだと環境に適応していくものです。

今回の件を機に別に行かなくても何とかなるし

出費もそれだけ減るし「まあ、いいか。」

となる可能性は否定できません。

皆さん既に実行されていると思いますが

どんな強固な常連さんに対しても商売をしている側から臆せずに

「再開しました!」「是非、来てね!」

繰り返し伝えないとね。

よいお客さんほど存外、照れや遠慮があるもんです。

 

自らのあり方への反省も含めて、思ったことでした。