北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

ゴールデンウィーク最終日の昨日、知人を介して

にわかには信じがたい相談をお受けしました。

ご相談者は中堅規模のIT人材派遣業者さま。

社歴も実績も業績も申し分なしの企業さん。

 

 

目下の情勢でも引く手あまた。

お取引先も支払遅延の心配がない大企業、一流企業が多い。

 

 

で、肝心の相談内容は

「社員が業務をボイコットすると・・・」

から始まりました。。。

 

 

給料が安いから、毎日長時間労働が続くなどの

不満が爆発したことによるボイコットではなくて

派遣先(客先企業)がテレワークをいっさい認めず
客先企業への出勤を強制することに困り果ててる。

 

 

ちなみに客先企業の社員は殆どがテレワークに移行している

という、不思議というか、矛盾というか。。。

 

 

ご相談頂いた会社の社員の皆さんは

通勤での感染リスクを不安に思われており
いままで我慢して続けてきたが、もう限界ですと。

ご相談者の社長さんはいままで
手をこまねいていたわけではありません。

 

 

緊急事態宣言発令後、ただちに客先企業とテレワークの
交渉を始め、いままで続けてきましきたが、客先企業は

「契約にないので、だめ」の一言で終わり。にべもない対応。

ちなみに、この客先企業は超のつく大企業で

テレビCMもしてますよ。外面と内側がこうも違うか。。。

 

 

話を戻します。ご相談者の社長さんいわく

もうこの客先企業とは縁をきると決めた。

 

で、相手と闘いたいと顧問弁護士や社労士などに

相談したんですが、みんな相手の名前を聞いて

腰が引けて逃げてしまい途方に暮れてたというわけです。

私一人ではどうもならんので私が本物の「士(サムライ)」と
お慕い申し上げている方に急きょジョインいただいて
諸般の対策を練りあげて、昨日から急ピッチで対応中です。

 

 

ま、これほど極端な事例はそんなにないのかもしれませんが
(私はこれらの理不尽対応も仕事なので、経験は豊富ですが)

おまえは業者だろ、金をそれなりに払ってるんだからで
相手に対するリスペクトゼロ。捨て駒扱いするやつなんざ

客じゃないよ。マジで。

それを見捨てて逃亡した士業も同罪。

両者ともに人として組織として、それ以前。

 

 

モンスターカスタマーなんて
言葉が産まれて久しいですが

危機のさいには、相手の本質がよくわかる。

 

 

なので今こそすべきは
アフターで付き合う客先の選別。

 

 

私?もちろん選別してます。心の中でしっかりと。

 

 

ご紹介したケースほどではないですが
「そう来たか!」がまあ、ありますので(爆)。

 

 

脱!モンスターカスタマーで
身も心もリフレッシュして、リスタートしましょう。