北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

いつも大変お世話になっている方からのご紹介で
昨年撤退した、とあるお仕事が復活しそうな気配が。

それは「再生可能エネルギー」にまつわるお仕事です。

 

 

一部の方はご存じですが私は、クライアントからのご依頼で
2012年から5年ほどの間、北海道を中心とした積雪寒冷地で
両面発電太陽電池を累計で40億円ほど販売しました。

 

 

私の中ではクライアント先の営業支援(コンサルティング)の
一環であったんですが、当時の仕事を通じて知り合った方々には

いまだに私は「太陽電池屋さん」のようです(笑)。

 

 

え、じゃあなにか?
お前はまた太陽電池を売り始めるのか?

いえ、売りません。

昨年に太陽電池という「物売り」からは
私が経営する北海道PVGSは戦略的に撤退しました。

この方針は今後も一切ゆるぎません。

 

 

じゃあ何を売るのか?

太陽光発電システムを新規に購入検討されているお客様への
「コンサルティング」です。

いっときよりは激減しましたが、今も太陽光発電システムの
購入を検討されているお客様はいらっしゃいます。

 

 

そのお客様の声がヒントになったんです。

太陽光発電を始めるのは太陽電池パネルはもちろんですが、それ以外にもさまざまな機器や工事も必要です。その際にどんな機器を、どんな業者を選べばよいのか

よくわからない。

 

 

業者が出してくる見積りや発電予測が正しいのか

本当に自分(お客様)にとって有益なのか?よくわからない。

ようは、お金を出して買うお客様の立場にたつ

「味方」がいないんですよと。

門前の小僧習わぬ経を読む

じゃあありませんが(笑)
そこらの見極めができる知見とノウハウは持ってます。

しかも私が得意としている資金調達の交渉やM&Aで
お客さんの味方(一員)として
相手のいうことをお客さん目線で翻訳したり

時と場合によっては交渉代理人となるといった

仕事のスタイルにもぴったり一致する。

 

 

ちょうど昨晩、参加させて頂いた真夜中の経営相談会でも
写真館を営まれる方が主宰のIさんに今のコロナ騒動で
お客さんが。。。って相談されていました。

Iさんの知見とノウハウはは私のものではないので
ここで無断でご披露は出来ないですが
まさにアドバイスの内容が

私が前段でつらつらと書いた
物売りから知見とノウハウ売りへのチェンジでした。

 

 

皆さん既にもろもろ考え、いろいろと試行錯誤や
実践をされていると思いますが

今までの商売でなにげなく、あたりまえのように使ってきた

ご自分の中に、御社の中にある知見とノウハウ。

 

 

形を変えて、売り方を変えて売ることを、

是非是非、考えてみて下さいね。