北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

世知辛さを感じてしまいますが、今は、こういった商品が

バカ売れして品薄状態になっちゃうんですねえ。

 

それは「バッジ」。

 

 

バッジには「私は花粉症ですよ。」

「私は喘息なんです。」って、書かれています。

 

 

言われてみればなるほど!周囲の方の「不安」が解消される。

 

加えて当事者の方々が、肩身の狭い思いから解放される。

 

 

両者の「不安」を解消する、一挙両得な商品(バッジ)です。

 

私のお師匠方も口々に仰るとおり

お客様は、ヒトは「不安」が大嫌いです。

 

 

ゆえに是非は別にして、「不安」を解消する商品やサービス。

 

 

今の状況であれば尚更。が、今に限った話ではなくて

常に存在し続けるニーズなわけでございます。

 

「顧客満足の向上!」スローガン的には耳心地がいいですし

「顧客満足の向上」は、モチロン目指すべきです。

 

 

ヒトも会社も営むビジネスにも完全無欠。不安要素はゼロです!

ってのはないわけです。

 

 

こう考えると

お客様の「不安」に寄り添うサービスや

お客様の「不安」を解消する商品こそが

やはり普遍的で長続きするビジネスですね。

 

ただし、お客様の「不安」に付け込んだ

アコギな真似は当然、しちゃあ絶対に駄目ですよ。

 

 

お客様が「不安」に思っているコトは何か?

 

 

そこを常に、目配り気配りしたいですね。