北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

14年前の2006年2月に

ひょんなご縁で知り合った、ヘッドハンターのKさん。

 

 

Kさんから久しぶりに、昨日連絡がありました。

 

 

ウェイクアップ北海道のサイト(下記)をご覧くださり
https://wakeuphokkaido.com/

「懐かしい場所が載ってるなあ。是非、商品を取り寄せたいので
どうしたらいいの?」というお問い合わせでした(*^_^*)

 

モチロン感謝で即レス!いやホント、嬉しかったです!

 

Kさんと私の「ひょんなご縁」が生じたのは

2006年2月の日経新聞に私が実名で報道されまして。

 

 

いや、悪いことしてませんよ(笑)。

ただね、チョイと物議になりまして。。。

 

 

上場を目指すベンチャー企業が

どうやって人財を確保しているのか?

当時私が勤務していた会社と

私がどうやって出会ったのか?

みたいなインタビューにお答えしたんですが

何故か記事の内容は

「私の役割は終わった。次なる地へ旅立ちたい。」

という内容になっていた(爆)。

 

 

インタビューの際に立会人が居て

その人が「あいつはそんなこと言ってないよ。」

と声を上げてくれたんですが、それでも火消しが大変。。。

 

 

社内でも騒ぎになり、挙句、証券取引所から

「辞めるんですか?」って電話がかかってくるし。。。

 

 

で、その記事を見て

私をヘッドハンティングに来たのがKさんでした(笑)。

 

 

私はその後独立開業したので

Kさんの直接的なお仕事にはなりませんでしたが

以来、公私ともに仲良くお付き合いしております。

 

 

昔語りはこの辺りにしまして(^^;)

そもそも、何でこんなことを思い出したかというと

Kさんの以下のお言葉がトリガーなんです。

 

「ところで、どうやって買えばいいの?」

 

 

私どもなりにお客さまが、お買い求めいただける

仕組みを作ってはいるものの、要は伝わっていない(猛省)。

 

自分たちがどんなに努力して頑張ろうとも、見て下さる方

すなわちお客さまが、ストレスなくスムーズに

お買い求め頂けるように「伝わる」が出来ていなければ

それは無用の長物と同じ。意味なしということですね。

 

 

Kさんのようにストレートに仰ってくださる方は

ごくごく少数であり、殆どは無言スルーですから。

 

 

でも「伝わっていない」に、自分だけ、自社だけで

気づくのはね、至難の業でございますよ。

 

 

気づくためには

本音を言ってくれるモニターの存在が欠かせません。

 

無言スルーしないで本音を言ってくれる「モニター」。

皆さんの周りにはいますか?

 

 

いないのであれば、最低一人は何としても

確保することを、お薦めしますよ。