北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

長年、毎月上旬の土曜日に、お仕事の関係で札幌中心部の

決まった場所を、決まった時間に行き来しています。

 

 

昨日(土曜日)の札幌中心部。

先々週に比べると、人出が増えた感がありましたが

前月同時期の土曜日に比べると

やはり人出は、かなり少ないですね。

 

 

でも前月同時期は、さっぽろ雪まつりでしたからね。

 

ので、前月同時期と単純比較するとミスジャッジするので

1月は、去年の12月はどうたったかな?

何てコトを考えておりました。

 

 

丁度、先ほど読了した立教大学ビジネススクール教授

田中道昭さんの著作「ソフトバンクで占う2025年の世界」

ソフトバンクで占う2025年の世界 全産業に大再編を巻き起こす「孫正義の大戦略」 (PHPビジネス新書) [ 田中 道昭 ]
にあった言葉「分析の本質とは比較すること」

改めて頭の中をよぎりました。

 

 

ビジネスをされている皆さんが

普段からよくされるのは「ライバル」との比較。

 

 

ライバルに比べて、うちはココが強みだ!弱いな。

なので、こんな手を打とう、あんな対策をしよう!てな感じ。

 

 

が、今回みたいに全部がドボン。ましてや自助努力に限界のある

外的要因が殆ど(に見える?)ケースだと、仕方ない。

耐えるしかない。って、思考停止しちゃってませんかね?

 

 

そんな時は是非「時間軸」で

今の自分(自社)と過去の自分(自社)

比較するすることをお薦めしたいと思います。

 

それも出来る限り、短期ではなく長期で。

 

 

インバウンドブームが到来する前はどうだったか?とか

12年前のリーマンショックの時、どんな状況だったか?とか。

 

 

皆さん(勿論ワタシも)それぞれに過去の苦難を乗り越えて

今があるワケですから。はい。

 

皆さんそれぞれの過去と今を比較分析することで

今の壁を乗り越えるヒントが隠されていると私は思います。

「過去の経験」ではなく、自分史(歴史)を

是非ひも解いて、今の自分と比較してみて下さいね。