北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨日の夕方、北海道で非常事態宣言が出たのにビックリ仰天。

得も言われぬ気持ちに。。。

 

 

個々人の力は限られてますがお互いに

出来ることを粛々とやって、事態の鎮静化を願うばかりですね。

 

 

今の所、私は予定通り、来週の木曜日に札幌入りする予定です。

 

 

そしてもう一つ、何ともやるせない気持ちになったのが

デマ情報が拡散された結果

トイレットペーパーの買いだめが起きたというニュース。

各種メディアや業界団体の方が品薄はあり得ない。

落ち着いて行動を。と、呼びかけておりましたので

事態は良き方向に行くと信じていますが

匿名でのデマ情報とその拡散、許しがたいです。

 

 

と憤るだけでは、意味がないですね((+_+))

 

 

なので、そういったデマ情報に安易に踊らされずに

事実に基づいた予測を立てて行動することが

個々人はもとより、ビジネスでは欠かせません。

 

 

では、どうしましょう?

 

 

デマに踊らされるな!では余りに抽象的。

 

 

私流の言葉で表現させて頂くと

欲しい情報だけを、ネットで検索して求めるのではなく

出典や発行元、著者が明らかな情報に

受け身でいいから触れることかなと思います。

二日前の2月27日。日本経済新聞に

「不織布(ふしょくふ)追い風吹かず」

という記事が掲載されていました。

 

 

不織布はマスクの材料ですが

その原料は値上がりしていないどころか

需要が不振だと書いてある。

 

 

理由は、不織布のマスク需要は旺盛だが

一番の不織布需要は「オムツ」で、その需要が振るわない。

 

 

何故かというと、転売目的での購入に対して

中国当局が規制を強化した結果

オムツがそれほど売れなくなったからだそうです。。。

 

 

幾らマスクの特需があっても、オムツに使われる量には程遠く

むしろ不織布の需要は減少し、よって原料価格も上昇しない。

 

 

因みに不織布の原料は合成樹脂です。

「紙」じゃあ、ないんですよ。

 

 

となれば「マスク」に原料が取られて

トイレットペーパーの原料がなくなるなんて

あり得ないじゃないですか。

 

 

そしてここから得られる情報と考察は

1)マスクの原料在庫は積み上がり、値上がりも見込めない。

2)今、マスクが品薄なのは生産能力の問題であり

原料不足ではない。

 

 

従って、正しい情報に基づく考察が出来れば

品薄だから大幅に値上げします!

なんて目先の便乗に狼狽せずに

冷静に対応することが出来ると思います。

 

 

「時に検索を捨て」

「探求すること」。

個人は勿論、ビジネスパーソンは非常時のみならず

平時にも1日10分でいいから「受け身を探求」。

是非、取り入れてみてくださいませ。

デマに踊らされるリスクを軽減し

つまらんババを引かずに済みますよ。