北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨日は普段、弟たちに任せっぱなしの(反省)

母のリクエストに全て応えるDayとしました。

 

 

たとえ家族であっても心情はヒトそれぞれ。

 

 

私にとっては不用品でも

母や家族にとっては大切な思い出の品がある。

なので軋轢を避けるため(汗)家のことには極力

口出しをしないようにしております(爆)。

 

 

今回、色んな意味で気持ちの整理が

済んだのかもしれませんが、我が家で唯一手つかずだった

和室(今は仏間)の不用品を処分しようと

母が言ってくれたので、このチャンスを逃すまい?と

私もジョインして、一気呵成に片付け(断捨離)をしました。

 

 

思うに

「当事者」が「その気」になった時というのは

物事が一気に進みます。

逆に「その気」がない時に幾ら論理や理屈に基づき

必要性を説明しても、物事は進まないどころか

かえって不機嫌にさせたり怒らせたりして

ややこしいことになる(汗)。

 

 

ビジネスでもそうですよね。

どんなに優れた商品やサービスでも

お客さんが「その気(買う気)」になって下さらなければ

要は買わないんです。

お客さんに「その気」がないのを読めず

「いいですよ」「安いですよ」などガンガンと連呼すると

最悪の場合

「あいつは押し売りするから、要る時でも

 あいつからだけは買わん。」になってしまいます。

 

 

つまり

「その気」のタイミングをガッチリつかむことが大事

なんだなと思います。

 

 

でも普段は接触もせず放置プレイで

「その気」を掴むなんぞは、土台無理な話です。

 

 

こう考えると

「付かず離れず」のスタンスと関係作りが

チャンスを掴む要諦かもねと

己の日々を反省しながら思うのでした。

 

 

是非、良い意味での「付かず離れず」を実践しましょう。