北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

本が好きなのでスキマ時間に、ほぼ毎日

読書をしております。今回、読了した本が

ひふみ投信の社長である藤野英人さんの著作

「投資家みたいに生きろ」です。

投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略

新品価格
¥1,650から
(2020/2/15 22:16時点)

 

藤野さんとは20年ほど前にになりますが

当時の勤務先の株式上場準備責任者だった際

「ロードショー」で幾度か面談させて頂き

以降、今もFacebookでゆるーく繋がっています。

 

 

「ロードショー」って言っても映画の封切じゃないです(笑)。

 

 

「ロードショー」は英語で新製品、新作など新しい物を

大衆に広めるという意味の語句ですが、正にその意味に沿って

資本市場の業界で使われている、いわば「業界用語」です。

 

具体的に何をするかというと、新たに株式上場をする

(証券取引所から上場承認を受けた)企業が

機関投資家、その代表例としては、皆さんからお預かりした

年金などを運用している年金基金などに対して、

上場する企業が自社のプレゼンをします。

プレゼンの目的は機関投資家の皆さんに

自社の価値(価格)を評価してもらうため。

 

 

これを基に株式上場する際の「株価」が決められて

広く世間の皆さんが購入されるのが

ざっくりで恐縮ですが、企業が証券取引所から上場承認され

株式上場するまでの間の重要な流れです。

あんまりこの分野に、ご興味がない方には脱線でスミマセン(>_<)

 

 

で、本題に戻しますが(汗)本のタイトルが「投資家」

から始まるので、何だが投資のテクニックや

投資の指南本みたいに誤解されるやもしれません。

 

勿論、そんなくだりもありますが

そこが本質ではないと感じました。

 

 

株を買え!投資しろ!金儲けしろ!ではなく

タイトル「投資家みたいに生きろ」の「みたいに」が本質。

即ち、投資家的「思考」。

この本を読んで得るものは「スキル」よりも「スタイル」。

 

 

スキルがあることは素晴らしいし

それがビジネスで武器の一つになるコトは

間違いのない事実だと私も思うし

スキルは身につけ、磨き続けねばならない。

 

 

が「スキル」は必ずしも「応用」が利くとは限らず

特定の分野でしか発揮できない面がある。

 

 

皆さんも、社労士さんに税金の相談しないだろうし

相談された社労士さんも、困っちゃう。。。

 

 

が、普遍性の高い「思考・スタイル」を身につけると

著者である藤野さんが著作で繰り返し訴えているように

投資家じゃなくても、その思考やスタイルが

私達ヒトリヒトリの日常生活や様々な取捨選択に

取り入れることが出来て、今の悩みや将来への不安を

解消する一助になる。

 

 

誰しも即効性のある(ありそうな)テクニックや

手に職的な「スキル」に、ついつい目が向きがちになりますが

時には立ち止まって「思考・スタイル」を学び考える時間を

持つように心がけたいですね。

藤野さんの「投資家みたいに生きろ」是非、読んでみて下さい。(↓下記より購入できます↓)

投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略

新品価格
¥1,650から
(2020/2/15 22:16時点)