北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

月例で参加している、スモールサンゼミ札幌の今回の学び。

タイトルは「EV(電気自動車)という新しい産業」。

副題は「引っ張るのは新興企業群」でした。

 

 

講師である村沢義久氏のお話を拝聴するのは今回2回目。

 

前回拝聴した時のタイトルと、類似していたもんですから

実は今回、参加するのどうしようかなあって

躊躇いがあったんですよ。。。

(関係者の皆さん。スミマセン(>_<))

 

 

でね、結果参加して反省とともに

参加して、聞いてよかったなあと思います。

 

 

良かったと思う理由は2つ。

1つ目は、前回聞いた時から1年以上が経過しており

当然ながら内容がアップデートされているわけです。

ナルホド、アメリカのテスラ社の株式が

そんなに爆上げしてたのか!買っておけばよかった(爆)。

 

 

半分冗談で半分本気(笑)。

 

 

ま、株式の話は亜流で他に学びが沢山ありましたが(汗)。

 

 

2つ目は、実はこちらが、私にとっては大きな学び。

 

あらゆる業種業態に有益じゃないかと感じた

「ワンソース。マルチユース。」な発想。

 

EV(電気自動車)ってのは、その名の通り

電気エネルギーでモーターを駆動させて走るエコカーで

バッテリー(蓄電池)が搭載されているわけです。

 

現下においてはバッテリー価格が高いので
(要因はそれ以外にもありますが)

ガソリン車を凌駕する販売台数には及ばない。

 

 

目下、世界中のメーカーや関係者が高性能で低価格の

バッテリー開発を競っており今年の4月、アメリカのテスラ社が

一般家庭の1.3日分の電力使用量の蓄電量を有する

バッテリーを、99万円(税別)で発売するなどの動きもある。

 

 

だいぶ安くなったから買えそうですね!って話じゃなくて

要は、バッテリーというツールを

自動車を走らせる為だけに使うんじゃなくて

建物や自宅でもバッテリーの電気を使いましょうよ!

という発想や仕組みの拡大が

まさに「シングルソース。マルチユース。」

どの商品もサービスも、とある一つの事にしか使えません。

であれば、じゃあ、他に比べてどんだけ安いの?で

勝負するしかないワケです。

 

 

極論ですが、私もその荒波に巻き込まれた

太陽電池パネルは、正にその象徴と言えます。

日本勢は中国勢に完敗して今や見る影なし。

 

 

が、1つの商品やサービスが2つ、3つと

複数用途に転用、或は同時利用や応用が出来れば

お客さんに対して、コストメリットを訴求する点でも

かなり有効なんじゃないかと思います。

 

再エネ分野のプロダクトそのものを販売するビジネスは

商機なしと判断し、経営資源を割くのをヤメテ久しいですが

再エネ分野の変化から

今のビジネスに活かせる発想を頂けました。

 

 

「1度聞いた話だから、もういいや。」

「うちの業界とは関係ない話だよ。」

という短絡思考は機会損失。

お互いに気を付けたいですね。自省を込めて。