北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨日は不思議と「節目」の行事が3つも重なった日でした。

冒頭から脱線ですが(汗)早くも2月です。

 

 

1年の12分の1が過ぎてしまいましたね。

 

 

次にやって来る世の中の大きな節目となりますと

「年度末(3月末)」ですね。

行政関係をはじめ日本は3月決算の会社が

圧倒的に多いですから、これからの2か月、皆さん

気ぜわしく、お忙しくなるのではないかと思います。

 

 

私の年度末のメインイベントは「引っ越し」です(笑)。

で、改めて思いますが「節目」って

本当に大事。必要不可欠だなと。

 

 

出来れば毎日、最低でも週一は「節目」を設けて

仕事はもとより、やるべきこと、判断を下すべきことなどを

積み残しせずキッチリと仕上げていきたいもんです。

 

 

特に上から怒られることのない(笑)

オーナー企業さんのトップとかは。

(吹けば飛ぶような組織ですが、上記に私も含む(笑)。)

 

 

でないとね、気づかぬうちに会社も個人も

停滞どころか衰退しちゃうんですよ。

その証拠に、会社の状況など諸々、首が回らなくなってから

「何とかしてくれ!」ってご相談に来られるケースが

私の経験上だと悲しいかな、全体の半数を超えてます。。。

 

 

勿論、お話を承って出来る限りの最善を尽くすわけですが

正直に言えばもっと早くに、ちょっとづつ手を打っておけば

こんなに苦労して多大なコストと時間をかけずに済んだのに。

 

 

って思うコトが多いんでございますよ。はい。

 

 

私は企業のお助けマン的な役割のお仕事をする

コンサルタントですが、自分が上記のワナに陥ったら

他人さまに言う資格はございませんので

強制的に己に「節目」を設けるために

お二人の先生のご指導を仰いでおります。

 

 

時すでに遅しで慌てふためくのは

ある意味人間の性かもしれませんが

だからこそ「節目」を外から設定してもらう

仕組みってのは、ホントに大事ですよ。

 

 

そんなことを二人の先生に感謝しながら振り返った

1月の最終日でした。