北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨日は3件の打ち合わせが続いた

名古屋での一日でございました(^^;)

 

 

そのうちの1社であるK社さん。

 

 

社長のYさんは20代前半の

新進気鋭の経営者です。将来が楽しみ(*^^*)

 

 

今回の打ち合わせでは、K社さんが新たに展開を計画している

とある事業の顧客向けプレゼン資料のレビューと見直しが

主なテーマでした。

 

 

拝見させていただいたプレゼン資料は

お世辞ではなく総じて非常に出来が良く、説得力があった。

何たって顧客に提供する商品(サービス)が、Yさんご自身と

Yさんの同世代の方々に深く関わるもので

ニーズや特性の捉え方がドンぴしゃりでした。

 

 

なので、それを更に効果的にするために私からアドバイスをして

その場で即、見直しをしたポイントは1つだけ。

 

自社が顧客に訴求したいサービスの特性が

顧客の「プロフィット」に、どう貢献するのかを

具体的かつ、ストレートに書くこと。

私もマダマダ甘い面がありますが(汗)皆さん結構

顧客の「プロフィット」への貢献度合いに対する表現を

遠慮しがちです。。。

万が一、期待だけ過度に先行させちゃって

顧客が抱く期待値と自分が提供する貢献に

ギャップが生じたら怖いなあ、なんて感じかな。

 

 

確かに未来は不確定で絶対大丈夫

何て保証はある意味、世の中のドコにもないですが

顧客が得たいと考える「プロフィット」への「貢献」は

自分が約束して遂行できるコトなのですから

「貢献」する内容についてはどの商売でも

明確に言語化して、顧客と約束しませんとね。

恐らく皆さん日々、無意識の習慣で行っているであろう

顧客への「貢献」を意識して、言葉を紡いでみて下さいね。

顧客へ訴求する、大事なポイントではないかと思います。