その他
etc

 

 

 

体調がイマイチだった土曜日の午前中、ウツラウツラしていると

旧知のSさんより久しぶりに

メッセンジャーで連絡が入ってきました。

 

 

何だろうと思ってみてみると、んー。

意味不明のメッセージ。。。

もしや?と思って「これ、何ですか?」って返信してみると

「ゴメンm(__)mアカウント乗っ取られた」

「フィッシングだから開けちゃダメ」

とメッセージを受領して事なきを得ました(^^;)

Sさんとは20年近いお付き合いで

今は、某大手IT系企業の役員さんをされてます。

 

 

お人柄は真面目で誠実で、どちらかというとIT系じゃなく

お堅いメーカー系の方って感じです。

 

 

なので私はメッセージをみて、意外だなあと感じたのです。。。

 

 

「Sさんっぽくないな。これ。」って。

 

 

一方で「意外性」を「意図的」に

ビジネスで使うことは「アリ」です。

「まさかあの人が、これが出来るの?」

「え、この会社、こんなサービスもあるの?」

みたいな感じで。

 

 

でもね、お客さんから

「どうして貴方が、御社がコレをされてるんですか?」

って問われた時に「実はですね・・・」って

お客さんが納得できる説明が出来ないと

意外性が不信感に変わってしまいます。

変化が激早なこの時代

お互いにドンドン新しいコトにチャレンジし

お客さんから「おー!それもあるのか!出来るのか!」

と思って頂けなければ先細りになりますが

意外性だけを狙って、お客さんに違和感だけ抱かれると

かえって逆効果になるので、要注意ですね。