その他
etc

 

 

 

毎年、昨日の1月17日には

高速道路が倒壊した衝撃映像を始め

数々のアーカイブが放映されますね。

 

あの「阪神淡路大震災」発災の日です。

あれから早いもので25年が経ち

当時は大学4年生で22歳だった私も

当然(笑)47歳になりました。

 

 

震災が起きた年に生まれた方が

もう、25歳ですもんね。アタリマエか(爆)。

 

 

四半世紀という時間が流れて

メディアでも震災の記憶の「風化」が叫ばれてます。

時が経ちますとね、やはり人間ですから

そりゃ、記憶が薄れていくのは止むを得ないし

毎日、一つのことを常に念頭に置くことは至難の業ですよ。

 

 

話は変わり(汗)私事恐縮ですが

私は震災当日の朝、札幌に居ました。

 

 

鉄男な私は(笑)当時、絶大なる人気を誇っていた札幌と大阪を結ぶ

寝台特急「トワイライトエクスプレス号」に乗るためだけに

前日(16日)から札幌に来ておりました(爆)。

 

 

で当然、運休になりまして(泣)苦労してゲットした

プラチナチケットは、敢え無くパーになりました。。。

 

 

なのでね毎年「乗れなかったなあ」と、思い出します。

 

 

ま、私の些末な思い出話は、この辺で終わりにしまして(/・ω・)/

だからこそ、何事も思い出す「きっかけ」が大事だと思います。

お客さんが、あの商品!あのサービスが必要だ!と思った時に

自社や自分の存在を思い出して貰えなければ

その時点で「勝負あり」ですもんね。

 

 

お互いにお客さんから「そうだ!あいつがいた!」と

必要な時に思い出して頂けるような

視点と行動を常に心がけたいですね。

そして震災の記憶も、風化させないように。