北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

平成から令和へ。「節目」の年に思うこと。

2019.12.31 (火)

 

このブログを書いているのが17時過ぎなので

今年も残すところ、約7時間となりました。

今日は13時から15時過ぎまで

Zoomで打ち合わせをしていたので

(Uさん。大晦日に有難うございました!)

大晦日の気分がない私ですが(笑)

今年も連日の駄文にお付き合い下さった皆々さまに

心よりお礼申し上げます(^.^)

 

皆さんにとって2019年は、どんな年でしたか?

どんな年?って言われてもヒトそれぞれ色んなことがあって

一概に総括なんて、ナカナカ出来ないですよね。

かく言う私も、一言で総括は出来ないです(汗)。

2019年の日本は、元号が平成から令和に変わった

大きな節目の年になりました。

振り返ると不思議なもので、私も

丁度そのタイミングで、大きな変化が訪れた年になりました。

平成の4か月間は昨年に引き続き

とある大掛かりな企業再生のプロジェクト

自分の時間の殆どを費やしておりました。

いわば、過去13年間に渡って行ってきた

現場で実務にコミットメントする

「従来型」のスタイルで過ごした日々。

令和の8か月間は、前述した企業再生のプロジェクトが一段落し

時間に余裕が生じたこともあり、特にここ3年間

考え続けていた「従来型」だけに依存しない

新たなビジネスのあり方やルートづくりに奔走し

試行錯誤し、悶絶の日々を過ごしました。

令和の8か月間に行った取り組みの花が咲くのは

まだ先になりますので、来年も悶絶の日々は続きますが(爆)。

今年の私は、節目が良くも悪くも「外」からやって来ました

どの商売でも、世の中やお客さまの「ご都合」がありますので

自分で全てをコントロールなんぞ

企業やビジネスの規模を問わず、誰しもできやしない。

でも「節目」が、受け身だけになると

他者の都合に翻弄されて、自分で出来る(出来た)筈の

我が身に降りかかるリスクをコントロールする

歓声が、錆びついてしまいますね。

「節目」は与えられ、受けるに留めず

自分の意思で上手く「活用」しなければいかんなと。

てな感じの2019年の振り返りでした(^.^)

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031