北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

2019年最後の名古屋での一日も

バラエティに富み、アグレッシブでございました。

 

 

パートナーである大倉君には

毎度毎度、そして今回も本当に感謝です(^^;)

 

出会った皆さんの業界・業種も

不動産業・先生業・旅行業・人材関係・金融と

そらもう、バラバラでございました。

 

 

それぞれの分野に関しては

事業を営まれている皆さんが「プロ」であり

私が皆さんに、叶うはずもありません。。。

 

 

勿論、業界に関する基礎知識などを

予習して頭に叩き込んでおくのは当然ですが。

 

皆さん、何らかのお悩みがあり

お悩みを解決したいからこそ、ご相談くださる訳でして

お悩みごとについては当然、各社各人、各様です。

 

 

そんなお悩み解決に際し、私がコンサルタントとして

いったい、どんな役割を果たしているのか?

先ずは口を挟まず、徹底的にお悩みをお聞きする。

上手く綺麗に説明なんて不要。
ぐちゃぐちゃでカオスで、いいんです。

で、それを紙やホワイトボードなどに

書きだして言語化し、図示します。

その後はインタラクティブに

コミュニケーションして、お客さんの

「んー。何か違うな・・・」が

「そうそう、それそれ!」

に、変わるまで上記を繰り返す。

 

そうしますとね、

実はお悩み(問題)の源泉が

Aじゃなくて、Bだった!

何てことが、意外と良くあったりするんです。

 

 

このワーク、お客さんも私も、アタマから湯気が出ます。

 

 

でもね、このプロセスを端折って

お客さんが「A」だ!って仰っているから

「A」を解決すればいいんだ!

 

 

実はAがホントの問題じゃなかったら

そりゃ、お悩みは解決しない訳なんでございます。

 

悩みが解決しなければ、お客さんだって不満だし

お受けした私共も、期待に応えられなかった

反省と後悔だけが残って、関係もブレイクしちゃう。

今は医療の世界も素晴らしい技術や機器が沢山あって

「問診」がサブ的になっている感がありますが

時代が変わり、業種が多様化しても

問題点を正しく捉え、間違えないために

丁寧な「問診」が欠かせないなと

今回も皆さまに教えていただきました。感謝!