北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

私も良く使う言葉「ビジネスパートナー」

 

辞書などで明確に「定義」がされておらず

ネットで検索してみると、エンジャパンのホームページに

しっくりくる解説が記載されていました。

 

ビジネスパートナーについての

解説の一部を下記に要約・引用しますと

「ビジネス上の目的や目標を果たすために

 協同して取り組む関係にある人や企業」

 

「信頼関係を前提にパートナーとして

 共に取り組むこともあり、契約があるとは限らない。」

 

「得意分野を発揮し共にビジネスを成功へと導く同志。

 互いを尊敬しあい仕事を進められるのが理想。」

 

となります。

 

 

ふむふむ。とても納得できる。

そして、関係が長続きするのは

圧倒的に「ビジネスパートナー」だなと、改めて思います。

 

 

あり難いことに仕事柄、頼まれる時も、お頼みするときも

「ビジネスパートナー」型が多いです(感謝(^.^))。

 

 

だから、可能な限り「ビジネスパートナー」型を

皆さんも増やしましょうね、って

単純かつ無責任なことは言いません。

 

一般的な商取引形態である受注・発注の関係

請負や委託受託の関係も織り交ぜて

「バランス」を取るのが一番です。

 

どちらにも一長一短がありますから。

「ビジネスパートナー」型は、相互信頼が強ければ強いほど

ライバルに侵食されるリスクが非常に低くなる一方

相互に依存度が高まり過ぎると、共倒れになるリスクも高まる

いわゆる「トレードオフ」だと私は思います。

私自身、手痛い失敗も沢山してます(汗)。

一方、受注・発注の関係や

請負や委託受託の関係だけに依存すると

「金の切れ目が縁の切れ目」リスクが高まり

価格競争のみの泥沼にハマる恐れありかなと。

特定の顧客に売り上げを依存するのは

「危険だ!」と言われることが多いですし

それはモチロン大事。

 

 

出来れば、それに加えて

お客さんとの「関係性」についても

「パートナー型」と「一般取引型」を

織り交ぜて、バランスを保ちたいものですね。

打ち合わせをした後に、そんなことを思った次第でした(^.^)