北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

「買ってからが始まり」って、どうゆうこと?

2019.12.18 (水)

 

今日は札幌では中々出来ない、昔を懐かしむ金融談議から

業界状況やトレンドなどについて話をする機会がありました。

その中で話題になった「PMI」について書きます。

そもそも「PMI」って何よ?ですよね。

「PMI」は「Post Merger Integration」
(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略語。

意味はM&A(合併・買収)後の統合プロセス。

経営統合、業務統合、意識統合の3段階からなる。

(出典:野村総合研究所 用語解説より)

私ら業界人はこれでいいですが、

初めてM&Aをされる方や業界以外の

皆さんからすれば「何のこっちゃ?」ですよね。。。

なので我々の日常生活に例えて、考えてみたいと思います。

私の独創で、ぴったり一致とはいきませんが、ご容赦ください。

今まで独り暮らしていた2人が

結婚や同棲で「同居」するのを「M&A」とすると

結婚や同棲した後の生活をどうしていくか?

を、2人で話し合うなどして事前に決めたり、

その後の生活で2人で試行錯誤しながら

色んなコトで歩み寄ったり、妥協したりするのが「PMI」。

さらに例えば、ヒトリ暮らししてたら洗濯機とか掃除機とか

2人がそれぞれ、1つづつ持ってるじゃないですか。

普通、同居したら2つは要らないので、

どっちを残そうかとか、或は同居を機に新しいのを買うかとか

話し合って決めたりする。

これが「経営統合」

同居後にどっちがゴミ出しするの?

とか、もしくは、

火曜日は私がゴミ出し当番で、木曜日は貴方がゴミ出し当番ね。

とかを決めていくのが「業務統合」

んで、一番大変なのが「意識統合」

これを結婚生活や同居生活に置き換えるのは、私も難しい。。。

でも、皆さんそれぞれ、意識しているか否かは別に

相手に気配りしたりとか、あるじゃないですか。

相手は生身の「人間」ですから。

って、考えてみるとM&Aってとかく、

企業価値の計算だとか、財務や法務を調べるだとか

手続き論的プロセスだけが

語られたりすることが往々にして多いですが

それらは始まりの前の「序章」でしかない

会社や事業を構成しているのは「人間」ですから。

序章の手続き論には皆さん、専門家を使うなどして力を注ぐけど

「買った後」つまり「同居」した後のことは存外考えていない。

或は、買ったオーナーの決めたことに従うのは当然。

それに従ってもらうだけだから

そんなこと、簡単だよと考えがち。

でもね、旦那が「ザ・昭和」的に(笑)

お前は黙って俺の言うこと聞いてろ!

ってやってたら、ある日突然、

奥さんや彼女が黙って去っちゃって

生活が成り立たなくなったら・・・ですよね。

若干無理のある例えを引用しましたが

昨今、小規模なM&Aのご相談が増えており

M&Aお考えの方が他にも、いらっしゃるかもしれないので

今日はこんなことを、書いてみました。