北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

弊社(テトラフォース)が、主力業務の1つにしている
M&A(会社や事業の買収や売却)で

先日業務提携をした会社さんより

早速、お悩みを抱えているお客さんの

ご紹介と対応依頼を受けました。

いやはや、看板に偽りなし。

スピード感がある提携先さんで、私も背筋がピリッとします。

 

 

今回ご相談(ご紹介)頂いたのは

事業(会社)を売却されたいという

「漠然」としたご希望をお持ちの方。

M&Aに興味や関心はあるけれど

具体的な手続きの方法が分からないし

そもそも自分の会社が売れるのか?

売れるとしたら幾らで売れるのか?

なので「漠然」としかイメージできないのは

無理もないことです。

 

 

こういったご質問やお悩みにお応えする際に、私が心がけるのは

「事実」という「材料(情報)」を

最初に、ご提供申しあげること。

今回のケースでば、M&Aの手続きの流れをご案内すること。

次に、M&Aの「トレンド(現状)」をお話しさせて頂く。

そして最後に、私の「見立て」を、お話しさせて頂きます。

今回のご質問で言えば、そもそも「売れるのか?」

売れるとしたら「幾ら」ぐらいになるのか?のトコロ。

 

 

その際に大切なのが、お話しをする順番

最初にトレンドについて、お話しをすると

お客さんの判断を歪めちゃう。

 

 

具体的に言えば、現下のM&A業界は

売り手よりも買い手が多いのが「トレンド」です。

 

 

この「トレンド」を先に伝えてしまうと

「あれ、なら、うちの会社も売れるかな!」

って聞いた方は受け止めてしまいます。

 

 

この対応は後々、業務が具体化した時に

お客さんとの信頼関係を揺るがしかねない。

 

 

何故なら

「売れるかどうかは、動いてみなければ分かりません。」

が、「事実」ですから。

 

この「話す順番」は、M&A業務以外の商売でも

お客さんからの問い合わせ対応の鉄則かなと思います。

 

 

お客さんと息の長い信頼関係を構築するためには

お客さんのお問い合わせ内容を

知らないコト(情報)が知りたいのか?

お客さんの考えに対する、意見を求められているのか?

を、混同せずにキッチリ分けて

事実(情報)を第1にお伝えしてから

次に意見や見立てをお伝えする。

 

 

皆様のビジネスコミュニケーションの、一助になれば幸いです。