北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

「凄い」って言葉、結構使いますよね。

 

 

ヒトと話している時に相手に

「凄いですね」って言うこともあれば

正直、気恥ずかしいですが

「凄いですね」って言われることもある。

 

 

人間誰しも「凄い」と言われて

悪い気にはならないと思います。

で、辞書を紐解いてみると、我々が普段使っている「凄い」は

常識では考えられないほどの能力・力をもっている。

並はずれている。

とか

恐ろしいほどすぐれている。ぞっとするほどすばらしい。

といった意味合いで使うことが多いですよね。

 

 

が、言葉ってのは面白くて「凄い」には

ぞっとするほど恐ろしく思う。たいそう気味が悪い。

といった意味もある。

(出典:大辞林 第三版)

 

 

人は前者の「凄い」という感情になれば

「あのヒト、凄いなあ。俺もああなりたいなあ。」

「よし、俺もやってみよう。頑張ってみよう。」

になるけど、後者の「凄い」という感情になると

「いや、俺には無理だ。止めとこ。」に、なっちゃう。。。

これ、どの商売にも言えるし

私達コンサルティング業界は特に気をつけないと

お客さんの心を折ることになったりするので要注意。

「それ、あんただから出来るんでしょ。」

「私らには到底、無理ですよ。そんなの。」

というように、お客さんに受け取られかねない。

 

 

だからと言って根拠もなしに「大丈夫ですよ。」
なんて無責任は励ましや背中押しは、論外ですよ。

 

 

でもね、実例を挙げると、例えばM&A。

 

今まではM&Aなんぞは大企業の専売特許で

中小企業が出来る筈はないという風潮が圧倒的でしたし

今でもそれが払しょくできてませんが

ここ数年で様相は様変わりしてます。

 

 

このブログでもご紹介させて頂いたトランビさんのような

https://hokkaidopvgs.jp/date/2019/12/04/

個人事業主さんでも気軽に使える

プラットフォームが出現してる。

 

 

これからは、M&Aに取り組むことは

「凄い」ことじゃなくて「凄くない(手軽な)」

ことになりつつある。

 

 

「よし、やってみよう。これなら出来る!」

とお客さんに思って頂ける「凄い」

お伝えし続けるチカラがマダマダ足らんなと

今日のとあるミーティングで痛感したもんですから(汗)

こんなことを書いてみました(^^;)