北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

1か月ほど前にご面識を頂戴したHさん。

今は某有名企業に勤めてますが
ご両親が会社を経営されており「跡継ぎ」です。

事業承継にまつわる
アレコレについてご相談を受けましたが
事前に送られてきた資料を見てビックリ!

メチャ完成度が高い!

Hさんは恐らく、社内外から要求される仕事で
鍛えられ、身につけたスキルで

何気なく作成されたのでしょうが
この資料をベースに相手に応じてリバイスすれば

今後、発生するであろう
金融機関やその他、外部に対する
プレゼンや説明に充分、耐えうるレベル。

ので、資料作りに関して
私がご指南申しあげることはない。

だから中小企業の皆さんもプレゼン資料作り、大切ですから
頑張ってやりましょうね!って話じゃなくて

(あるに越したことはありませんが)

何が良かったかと言いますと

知りたいこと質問したいこと

Hさんが紙に書いていたので

私の回答も単純明瞭で済み、そのお蔭で、

本質的かつ、欠かせないことや

当事者間で議論して決めるべきことの

アドバイスに専念できたことでした。

私のような
コンサルタントやアドバイザーの
使い方が上手だなと感じた次第。

でもね皆さん、日々のお仕事で
忙しい筈なので、無理してカッコよく沢山の資料を

作る必要はないので、誤解しないでくださいね。

ただ、出来れば、メールにベタ打ちでもいいし
手元のノートに箇条書きでもよいので

知りたいコトや悩んでるコトを書きだしてみる。

マジでオススメです。

私のような外部を活用しなくても
自分の知りたいコトや悩んでいるコトを

紙に書きだしてみる事で

少なくともモヤモヤしたまま
立ち止まって何も解決しないところから

一歩を踏み出すための「道しるべ」になる筈。

私も、日々お客様との関わりで
改めて気付きを頂戴しています(^^;)

俺も書こうっと。