北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

初めて観劇した吉本新喜劇。

スモールサンゼミの仲間が最高の席を用意して下さり
2時間半、笑いまくりの楽しい時間を過ごしました(^^;)

平日のど真ん中で、罪悪感が最初はあったんですけど(汗)

スンマセン。始まった瞬間、その気持ち、瞬間蒸発(爆)。

録音や撮影厳禁ですので
形あるものを皆さんにお見せできませんが($・・)/~~~

ので是非、ご興味ある方は足を運んでみて下さい!(^^)!

で、終わりじゃ能がないので(汗)

思ったことを書き記しますと

「プロ」ってのは、時々刻々と変わる状況でも

狼狽えることなく「即応」できる者。

想定外のことが起きても
絶妙なアドリブで、それすらも笑いに変え
しかもキッチリ、自然に本筋に戻してクロージングする。

モチロン、ネタ作り、ネタ合わせ、世相に関する情報収集

そして猛練習と凄まじい努力をしている。

そして、ネタは「ユニット(単位)」で
キッチリと作り込まれ、芸人さんの肌身に沁みついている。

だから、想定外のことが起きても

狼狽することなく、変幻自在に、組みたて直すことが出来る。

つまり、単なる丸暗記じゃない。

吉本の芸人さんの「プロ」としてのあり方。

我々ビジネスパーソンが
お客さまへプレゼンをしたり
様々な場面で話すことの

大いに参考になるし、示唆に富んでいる。

プレゼンや話す内容を

ユニット(単位)毎に、事前にキッチリ作り込む。

そしてそれを、キッチリと頭に沁み込ませておけば
相手からの突発的質問などで

「自分が想定していたシナリオが乱れても、狼狽しない」

んじゃないかと、吉本新喜劇を見て、思った次第。