Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
「滲ませる」が、本物のプロフェッショナル。 | 北海道PVGS

その他
etc

 

 

 

餅は餅屋といいますか
「本物のプロ」ってのは凄い。

今回、とあるインタビューを
お受けさせて頂いたのですが

インタビュアーが大阪の方で
お互いの都合が良い日時に
私は札幌に在所ということで

電話でインタビューをして頂きました。

実はお話を頂いた時は
正直なところ、お断りしようかと
思っていたんです(T_T)

 

 

理由は私の些末な拘りですが
初めての方とは「対面」で
お話をしたいという理由です(汗)。

 

 

生意気ながら今後
お付き合いさせて頂けるかどうかを
全身で感じたい、みたいな気持ち。

 

 

俗に言う「第一印象」ってやつですね(^^;)

 

で、話を戻して(汗)
結果、どうなったかというと

 

「是非、今度はお会いしてみたいなあ。」

 

となったワケです。

 

 

インタビューということだったので
質問されて、それに答えると
私はイメージしておりましたが

その予想は良い意味で裏切られた。

 

 

何故なら「会話」と「対話」が
 しっかりと成立していたから。

これを直接対面せず
初めて話す人間と電話で成立させる
プロフェッショナルぶりに脱帽でした。

 

声色がいいとか、喋りが上手いとか
そういうことではなくて

私が驚きを隠せないほど
私のことを事前によくお調べに
なっていたことが伝わってきた。

 

しかも、それを自らアピール的に一切、仰らない。

 

「会話」と「対話」の節々で
私が「もしや?」と思って
お尋ねして初めて

「はい。●●を読みました。」と。

 

 

文字に起こせば至極当然ながら

「本物のプロ」ってのは 
  事前の準備を、やり尽した上に

しかも、それを相手に対して、一切ひけらかさずに

さり気なく、行間に「滲ませる」。

 

 

感謝と感嘆と共に、私なんぞ、マダマダ未熟。。。

 

 

修行し続けます。