北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

尊重し合えるお客様とは、本当の友情が成立する。

2019.11.02 (土)

 

北海道に縁も所縁もなかった私が
北海道で仕事や活動をするきっかけを下さったNさん。

お付き合いが始まって早7年。

加えて、私どもの北海道のお客さまでは
最大のお取引先でございます(深謝!)。

 

最初のお取引は物販でしたが
それをきっかけにコンサルティング業務も頂戴し

今も、とあるレポーティング業務で
継続してお仕事を頂戴しております。

本当に、あり難いし
ふとした事でも思いだして貰って
電話やメールを頂けることが嬉しい(*^-^*)

プライベートでも友人として
お付き合いさせてもらってます。

で、ふと、思ってしまったのが

男女の友情は成立するのか?

じゃないですか(笑)

お客様との友情は成立するのか?

なんてお題。

そのお題に対する

私の考え(答え)は「成立する」です。

但し「本当の」という言葉が
「友情」の「前」につきます。

本当の友人と呼べる人って
皆さんはどんな風に考えますかね?

私の場合は
人としての礼儀や礼節は
守りますけど「遠慮」はしない。

そんな人間関係かなと。

礼儀や礼節と書きましたが
堅苦しい言葉や態度という意味じゃなく
相手を尊重するという意味合いです。

遠慮はしないというのは
言うべきことを、はっきりと言えるということ。

だからこそ、ビジネスも
人間関係もながーく続くんですよ。

だって相手を尊重せずに
自分の要求だけごり押したら
相手が、壊れちまいますよ。

綺麗ごとだと一蹴される方も
いるやもしれませんが

細くてもいい。ながーく続く
ビジネスとその継続を求めるのであれば

ビジネスの対義語とも捉えられがちな

「友情と友人」という視点で

相手とお付き合いできるかで、判断してみると良いかも。