北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

一歩を踏み出すために、ハードルは下げていい。

2019.10.31 (木)

 

ビジネスでも何でも
誰しも、未経験なことを始める時って

いろいろ不安だし
分かっちゃいるけど「第一歩」が踏み出せないもの。

その気持ち、戸惑い、漠然たる不安など
よーく分かります。

私自身、新たな取り組みを
一つ、今年の春から始めましたが
未経験のタスクの「第一歩」が

まだ、踏みだせてませんから。

今回、事業の売却(M&A)をお考えの方から
ご相談をお受けしまして
改めてそんなことを思い返した次第。

私のようにM&Aを
業務として行っている人間にとっては
緊張や不安はないですが

お客さま(当事者)にとっては
初めてのことばかりだし
最初で最後の経験になることも多く

それこそ失敗なんかしたらって
考えだしたら、不安は募るばかりで
一歩が踏み出せないのは仕方がないこと。

とはいえ「はじめの一歩」を
踏みださないと、何事も始まらない。

さて、どうするか?

お客さんが最初からお金を使わず
かつ、無理をせずに今の状況で

最初に「するべき」ことを
1つ1つに細分化して差し上げること。

もちろんゴールまでのプロセスは
ちゃんとご案内しますよ(^.^)

ゴールが見えなきゃ、これまた不安ですから。

ある意味、私らの業界の
悪しき慣習の一つですが

ご経験も知識もお持ちでない方に
全てのプロセスを細分化してお伝えし

お客さんを圧倒させちゃって
「だから、私らがお手伝いしますよ。」

みたいなやり方が、残念ながら散見される。

中小零細企業こそが

M&Aのメリットを享受すべきなのに

前段のような話を経営者の皆さんが聞いたら

「うわ。ハードル高い。大変だわ。」

って気持ちが、渦巻いちゃいますよね。

M&Aはモチロン、M&Aに限らず

初めて取り組むビジネスなど
プロジェクトを相談する相手や
パートナーを選ぶときには是非

高いと思われるハードルを
自分自身が「よし!踏みだせるぞ!」と

納得できるまで「下げる」

道しるべを示せる相手であるかを見定めてくださいね。

スポンサードリンク
 «   2021年 3月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031