北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

面倒だから、やりたくない。が、宝の山。

2019.10.16 (水)

 

初めて訪問した某社。

相談内容は私の大得意分野である

IPO(株式上場)準備。

で、IPO(株式上場)を目指すにあたって
絶対に欠かせないのが、主幹事証券会社と

監査法人(公認会計士)。

最低でも2年以上
株式上場を目指す会社に関与します。

何故2年も付き合うの?
その理由を説明すると
株式の上場申請をするための要件の一つに

二期分の監査証明を
監査法人(公認会計士)から
貰わないと上場申請できないから。

なので普通は
証券会社や監査法人がたいてい私より先に行ってるんですが
今回は、ちと事情が違った。

珍しく両者とも来てない。。。

今、監査法人はどこも手一杯で
新しい仕事を受けられないのは
私も知ってますが

証券会社が来ていないのは珍しい。

んで、お客さんから
お話を聞いたらなんと!

接触はあったが前例がないので断られたと。

でも私は全然、驚かなかった。

いわゆる業界の「よくある話」だから。

何故、前例がないから断るのか?

誤解を恐れず、端的に言えば

手間がかかる。メンドクサイ。

と思われちゃったから。

要は類似業種など
比較するものがないので

証券会社がどれだけ儲かるか?
の計算がメンドクサイ(出来ない)。

事前に証券取引所に
打診したりネゴするのがメンドクサイ。

とまあ、例を挙げればこんな感じ。

じゃあ、諦めるしかないの??

いやいや、そんなことありません。

 

「メンドクサイ」コトやモノを上場を目指す会社が

みずから用意すればいいだけのこと。

そのお手伝いをするのが私の役割ですし。

「メンドクサイ」ことや

「やりたくない」ことを

「代わりにやりますよ!」

とか

「これを使えば楽に、簡単にできますよ!」

って、何も上場準備に限らず

他の世界でも、商売のタネですから。

お客さんが
やらなきゃいかんけど

「メンドクサイ」から
「やりたくないんだよなあ」に
気づくアンテナを

しっかり伸ばしといて
呼ばれたら、ハイ喜んで!

ライバルに先んじちゃいましょう!

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク