Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
「伴走」が「分からない」を「実感」に変える。 | 北海道PVGS

その他
etc

 

IPO(株式上場)準備や

 

企業の買収や売却など
いわゆる「M&A」について、ご相談に乗り

必要な実務をご一緒にさせて頂くことが
私のメインの生業でございます。

 

過去13年を振り返ってみると、

「課題」や「問題」が明確な

お客さまのご相談にのって
解決するための実務支援を
行うパターンが多かったです。

 

例をあげますと

3か月後に証券会社へ提出する書類を
作成しなければならないが

社内に経験者が不在で、書類作成が出来ませんとか。

 

1年後に工場建設に着手したいので、

それまでに建設資金の調達を完了させたいとか。

 

が、最近は

差し迫った期日が
ある訳じゃあないけれど

「会社や事業の引き継ぎを考えたい。」

とか

「会社や事業の買収をしたい。」

という感じのご相談が増えてます。

差し迫った期日がないからなのか?

数多くお受けするご質問はズバリ

会社や事業を誰かに引き継いでもらう時や

会社や事業を買いたいと思った時に

「そもそも、何すれば良いの?」

というご質問です。

ご質問に対してはモチロン
やるべきことの流れを
時系列にまとめてご説明しますが

これだけじゃダメだなと
ここ半年、外のお力をお借りしながら
自分の棚卸しをして、気づいたことがあります。

ご相談くださるお客さまにとっては

会社や事業の売却も、買収も
それこそ未体験の世界ですから

幾ら分かり易く書面でお示しして
丁寧にご説明しても

「実感」が湧かないよなと。

私自身、別な事業で
いそいそと動画に取り組んでますが(笑)

http://ur0.work/L8wW

https://bit.ly/2nPPQrJ

自分で手を動かし実践し
悪戦苦闘して、課題や問題が
  リアルに実感できたお蔭で

自分ではどうしても出来ないコトを
 その道のプロにご相談して
  お任せすることにした訳ですから。

 

でも後継者への事業引き継ぎや
会社の事業や買収は
それこそ、お客さんの命運を左右する

一大事でありますので
とにかく、やってみましょう!

じゃ、済まされない。

 

では、どうするべきか?

私どものような立場の人間が

プロジェクトのスタートから一緒に

「伴走」して失敗を回避しつつ

当事者であるお客さんに「実感がわく」。

これが一番だなと。

 

「やるべきこと」と「必要性」が
「実感」できなければ
物事も進まず、成果も出ない。

 

お客さんが
 「必要性」を「実感」するからこそ

商品やサービスを買ってくださるのは
無形サービスに限らず、他のビジネスも一緒。

 

半年間かかった、自分の棚卸しの節目と
悪戦苦闘している動画製作から
改めて思い至ったのでした。

で、告知(#^^#)

会社や事業の引き継ぎを考えたい!

企業や事業の買収を検討してみたい!

と、お考えの皆さま向けに

「伴走サービス」を
 弊社でご提供しておりますので

ご興味おありの方は是非

https://www.tetraforce.jp/contact.html

まで、お気軽にお問い合わせくださいませ!