北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

想定外を想定して、取り越し苦労は、後で笑う。

2019.10.12 (土)

 

私の自宅がある足立区の全域に
初の「避難勧告」が出て驚きました。。。

人口が68万人と東京23区でも
住民の数が第5位の地域で
全員が避難できるだけのキャパって??

俄かに思いつかない。。。

今回の台風は早い段階から
警戒が繰り返し呼びかけられており
私も可能な限りの準備をしてから

札幌に旅立ったんですが
いざとなると気を揉むばかり。。。

皆さんも
可能な限りの備えをされたと思いますが

一方、海外メディアでは
ラグビーワールドカップの試合を
中止した件で厳しい論調が目立ちますね。

 

論調を要約すると

ワールドカップの開催は
昨日今日決まった話じゃなく
何年も前から決まってたこと。

日本は台風に備えるだけの
チカラやノウハウがある国の筈。

あらゆる事態、万一を想定して
代替プランを何故、用意しなかったのかと。

「想定外」でしたという言葉を、許さない厳しい論調

です。

被害に遭われた皆さんからすれば
冗談じゃない
それどころじゃないよという
怒りや反発もあると思います。

が、選手やファンからすれば
今回のワールドカップが

唯一のチャンスかもしれない。

ゆえに「想定外」じゃ納得できないよと。

「想定外」って言葉

いつぞやに流行語大賞をとって以来

何だかポピュラーに都合よく
使われるようになった気がしますけど

でも、想定外の出来事だったので
人命が危険に晒されましたとか

会社が立ち行かなくなって
倒産して社員が路頭に迷いました。

とかを、「想定外」の一言では
どう考えても済まされない訳ですよ。

その時は「想定外」という言葉で
自分を無理やり納得させても
いずれ後悔は必ず、やって来る。

 

想定外を想定して準備を「し尽くす」。

後で振り返った時に

取り越し苦労だったと、笑えるくらいが丁度いい。

そんなことを改めて思い考えたのでありました。

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク