Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
理解を深めるためには、自分が変わる。 | 北海道PVGS

その他
etc

 

 

 

名古屋を拠点に、インバウンドを中心とした

旅行業を営まれているA社さん。

インバウンド以外のお仕事も
モチロンされておられてますし

 

お仕事でも10年来、
北海道とも所縁をお持ちです。

今回ご無理を申し上げて
お忙しい中、ご来札頂き

 

札幌のお会社さんとの
マッチングをさせて頂きました。

私の仕事はドメスティックがメインですが
今年の5月まで外資系のお客さんの
お仕事が多かったこともあり

 

ある程度は外国の方々への
理解を深めたつもりになってましたが(汗)
いやはや恥ずかしい
Kさんと私じゃ全然、理解の厚みが違いました。。。

 

 

私がやってたのは
来日される方をお迎えして
日本での諸々をサポートするお仕事。

 

 

お客さまのニーズありきとはいえ
仕事を進めるうえでは
日本の法律や慣習ありき。

 

 

相手に合わせるというよりも
相手に日本の事情を
理解してもらって進めるがメイン。

つまり、こっち(日本)側は「変わらない」。

 

 

が、旅行業の場合
当然といってしまえばそれまでですが

 

生活習慣や、特に宗教上の戒律など
相手(お客さん)が「譲れない」モノがある。

なので、こっち(日本)側が「変わる」必要がある訳です。

 

ま、その相手とビジネスがしたければですけど。

 

 

で、「自分」が変わるためには
自ずと、相手(お客さん)への

 

事前の理解レベルを格段に
 深める必要がある訳ですよ。

故に、世界各地に行かれて
現地でリアルに体験をして
相手(お客さん)と話をされた

 

生身の情報の蓄積、相手への理解が
Kさんは半端なく厚いワケです。

 

 

相手への理解を深め
 ピント外れなサービスを
  しないようにする為には

 

単に「対面」すりゃ、いいもんじゃないなと。

 

 

特に初期段階では
自らが赴いたほうが断然イイ。

ステージに応じて
 対面・体感する「場所」に
しっかりと、コダワリましょう。