Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
繁盛の秘訣は「セパレート」しないコト。 | 北海道PVGS

その他
etc

 

福岡で仕事の合間に
ダッシュで昼飯を食べるために
立ち寄ったとある定食屋さん。

土曜日というお日柄かもしれませんが
ランチタイムをとうに過ぎてるのに
結構なお客さんで賑わっておりました。

流石にビジネス風の、お客さんは少なかったですが。

 

 

代わりに地元のお客さんと、外国人のお客さんが

 

 

互いに肩ひじ張らずな空気で
一緒にいた我々(よそ者)もリラックス(^.^)/~~~

 

無論「場慣れ」もあるんでしょうが
そういう「場」を作っているのは
お店を切り盛りしてる、店員さんだなと。

 

不自然さを感じない笑顔と、元気いっぱいの博多弁の接客。

 

 

そのスタンスは、我々日本人のみならず
外国人のお客さんに対しても一緒。

 

 

英語で「サンキュー」じゃなくて
日本語で「有難うございました!」です。
 

あ、メニューとかレジの表示は
バッチリ4か国語表示でしたし
キャッシュレス決済もバッチリ(^^;)

 

ヒト(ソフト・サービス)が
 良い意味で「分け隔て」していない。

 

外国人や観光のお客さんに
不便を感じさせないようにと
レジや窓口を分けるトコが増えてますが

 

 

果たして、全部が全部
それでいいのかしらと、ふっと思っちゃいました。

 

 

大規模店舗でさえ
レジや窓口をセパレートした結果
従来のレジや窓口が手薄になって

 

 

常連さんや地元のお客さんが
もういいや、って敬遠するケース

 

少なからずあるような気がしてます。

 

 

私もそれで、行かなくなった
場所やお店、ありますので。。。。。

 

 

外国人や観光のお客さんへの
対応が重要なのは言うまでもない。

 

 

が、それで常連さんや
地元のお客さんに敬遠されちゃ
何というか、本末転倒な感じ。

 

 

セパレートによる効率化の前に
 まずは「分け隔てなく」接する
  対応(ソフト)が、大前提じゃないかなと。

 

元気なマチ福岡の
遅い昼飯のヒトコマで感じたのでした。