Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
腹に落ちるは「たとえ話」で実現! | 北海道PVGS

その他
etc

 

 

「業界用語」とか「専門用語」。

皆さんの業界にも
あると思いますし
私の業界にもアリマス。

 

今更な話かもしれませんが
その業界や世界にドップリじゃない

皆々さまには
正直「?」てな感じかなと。

私個人的には「IT系」で
飛び交う用語が結構苦手(汗)。。。

でも一方で
自分が遂行するビジネスで
必要性や交わりが生じる。

どんなビジネスも
スタンドアローンなんて
あり得ませんから。

 

そんな時は「たとえ話」のように


自分が理解できる言語に

置き換えてみると

腹にすとんと落ちる。

今回、お世話になっている
Iさんとの打ち合わせで

自分の中で
悶々としていたものをIさんが

これって、バレーで言えば

「レシーブ→トス→アタック」

の流れですよと。

 

この一文だけでは
お読み下さる皆さんは
「は?なんのこっちゃ?」

だと思いますが。。。

(スミマセン(>_<))

 

用語の意味を
辞書で調べて理解するのも
大事だとは思いますが

その言葉が結局のところ
自分の血肉になるのって

自分がその本流で生きるか
命運を左右する
利害に晒されない限り

そうそう、簡単に身につかない。

 

でもビジネスを遂行するのに
避けられない関わりがあるなら

要らんプライドを捨てて

自分の分かる言葉に置き換え

それを専門家やお相手に
 問うてみるなり、確かめてみる。

反省と感謝と共に
改めて感じたのでありました。