北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【10月11日(水)】

 

 

<ダイジェスト>

夕方まで東京都足立区内。
夜の飛行機で
17日ぶりに札幌へ。

 

 

<時々刻々の記>

10日夜の天気予報が
大きく外れて曇りで
比較的過ごし易い気温。

 

 

今晩より東京を
留守にすることもあって

午前から諸手続きに関する
ご来宅をお迎えし

午後からは両親の友人の
弔問のご来宅をお迎えしたり
皆さまを駅まで送迎したりと。

 

 

時が経つのはあっという間で
気づけば17時、、、

 

 

慌てて準備をして
目指すは羽田空港。

 

19時30分発の飛行機で
オンタイムフライトで
新千歳空港へ。

 

 

JRに乗り換えて


ほっとしたのもつかの間。

 

 

北広島駅を出発した直後
急ブレーキで電車は停止。

 

 

列車が鹿と衝突につき
30分ほど立ち往生、、、

 

 

22時半過ぎに
冬の入り口の札幌に、ただいま。

自宅に荷物を置いた後は
いつもお世話になっていて
今回多大なるご厚志を頂戴した

カンティーヌセルの
黒滝オーナーシェフを訪ねて

お礼を兼ねて久しぶりの再会と
ご一緒に献杯をして頂きました。

 

札幌の友人に感謝の夜。

 

 

__________________

■<2> 記憶のパズルは「聞く」で繋がる。
__________________

 

 

アタリマエですが
家族や身内であっても

知らないエピソードや
交友関係がありますね、、、

 

 

連絡不備に
お詫びすることしかできませんが

父のため、母のために
本日も二人の友人が弔問に
来てくださいました。

 

 

ここで一番、戸惑うのが
私はご無礼ながらお相手さまを

失念していることが多いのに
お相手さまは私のことを

良く理解して
くださっていること。

 

 

お会いするなり

「ご長男さんですね。」

「お父さんにそっくり。」

 

 

私といえば

「この度はご無礼して
申し訳ございません、、、」

と、こんな感じでして(汗)。

 

 

もう、反省しかありません。

 

 

一方、ヒトの記憶には
限界もある訳でして(言い訳)。

 

 

で、気付いたのが
「とにかく
お相手のお話を聞く。」

です。

 

 

そうしますとね
自分のアタマの中の
記憶のパズルと

お相手のお話が結びついて

「あ、そうだった。」

と思いだしていく訳です。

 

 

ビジネスの世界でも
正直なところ似たような
経験をお持ちの方も

私を含めて多いかと、、、
 

「お相手のお話を聞き込んで」

「自分の記憶の
パズルを組み立てる」

 

 

人生の先達に本日も改めて
気づきと反省を頂戴しました。
 

 

____________________