北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

生き残る本質は、そこじゃないよ。

2017.11.24 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月24日(金)】

<ダイジェスト>

東京から夕方の新幹線で
1年7ヶ月ぶりに広島へ。

<時々刻々の記>

朝一番で
電話会議を済ませた後に

昨日リスケしてしまった
各所へのアポのお電話など。

その後は父の関係で
取引金融機関に電話して

昼過ぎに
某金融機関を2行、訪問。

次は昨日、長時間お世話になった
A先生の事務所を訪問し

概況報告と
昨日お渡しできなかった
書類をお引き渡し。

14時半ぎにようやく
東京事務所に到着して

小一時間ほど、仕事をしてから
東京駅まで移動。

東京駅で各所と
電話で打ち合わせをして

16時30分発の
「のぞみ49号」で
一路、広島駅へ。

移動オフィス?と化した
新幹線車中にて
嬉しい電話を頂いたり

PCワークをしたり
仮眠をしてたら(爆)
時が経つのは早いもの

20時26分に
広島駅に降り立って


真っすぐホテルにチェックイン。

そんな一日でした。

______________________

■<2>生き残る本質は、そこじゃないよ。
______________________

24日(金)は
同じ内容のお願い事を
3つの金融機関に行いました。

結果、見事に
対応が面白いほど(失礼)
わかれました。

1つ目は
「了解です。会って進めましょう。」
「●日の●時でいかがですか。」
と数分でFIX。

2つ目は
「担当は●なので
●に電話してください。」
で、1分で終了!

3つ目は
「この書類に記入してください。」

「担当に書類を廻して
2週間くらいで
手続書類を送ります。」

私「受付しました」的な
エビデンスはないの?

相手「ありません。」

で、所要時間、約45分、、、

謎かけをする
つもりはありませんが
皆さんはどれが好印象というか

「次からもお願いしよう。」
「ずっとお付き合いしよう。」
になりますでしょうかね?

昨今の報道で
市場空前の低金利で
借りてもいないので

収益が厳しいから
リストラしてAI活用して
コスト削減しますと。

確かに
一面の事実ではありますが

その結末は
果てしなき値下げの

チキンレースという
悲しき結末かなと
思うのは私だけでしょうか、、、

やれ環境が悪いだの
制度が悪いだのと言う前に

愚直に「人間力」を磨くのが
先ではないかと

久方ぶりの父祖の地
広島で一日を振り返って
思ったのでありました。

____________________

「ゴール」が見えれば、やりきれますよ。

2017.11.23 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月23日(木)】

<ダイジェスト>

終日、東京都足立区内で


自宅と竹の塚を車で往復した以外
外出、なし(笑)。

<時々刻々の記>

午前中は、比較的?
久しぶりに休養を。

昼過ぎに竹の塚まで
17年来のお付き合いの
税理士のA先生をお迎えに。

13時より3時間半の長丁場で
A先生と父の相続関係で
確認と打ち合わせを。

いつもながらに
本当に有難うございます!

終えてA先生を竹の塚まで
再度お送りして
17時過ぎに帰宅。

そこから何故か(笑)
父の残した膨大な書類の整理を

仕事のメールをしつつも
夕食を挟んで
実に5時間半ミッチリ(爆)。

午前中の休養は見事に帳消し?な
一日となりました、、、

______________________

■<2>「ゴール」が見えれば、やりきれますよ。
______________________

23日(木)は祝日で
ようやく自宅でまとまった
時間が取れたので

恐縮ながら気心の知れた
A先生のご厚意に甘えて(笑)

父の相続関係の準備諸々を
行いました。

これからが各論の本番なので
色々とタスクが生じていますが

この「タスク」を明確にすること
改めて大事だなと痛感です。

仕事がら、管理や経理
税務の知識も一通りはありますが

相続は専門外なので
なんかこう「モヤモヤ」と
していたわけです、、、

振り返って思うと
「物量の多い」とか
「難易度が高い」とかが

「モヤモヤ」の原因ではないと
思った次第です。

「どこに向かうのか。」

「いつまでに、何をやるのか。」

とかが「明確」でないと
「モヤモヤ」は
いつまでも晴れない。

「ビジネス」も
「プライベート」も
根底の原理原則は一緒です。

____________________

まず「動く」だけでアップする「印象」。  

2017.11.22 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月22日(水)】

<ダイジェスト>

終日、東京都内で
午後からは珍しく?

東京事務所で
オトナシクお仕事(笑)。

<時々刻々の記>

朝一番でスカイプ会議を
終えてデスクワークをして

営業先に立ち寄った後
午後一番から

東京事務所で


お取引先のT社

K社長とご担当者を
お迎えしてのミーティング。

わざわざのご来社
誠にありがとうございました!

その後はひたすら
溜まりに溜まった
デスクワークに没入。

スタッフとの打ち合わせを
19時過ぎに終えて
帰宅したのちは

夕食を挟んで
明日の家事関係の
準備に没入、、、

ノンアルで書類と
PCと格闘した長い一日(爆)。

______________________

■<2>まず「動く」だけでアップする「印象」。
______________________

午後一番でご来社くださった
T社のK社長さま。

弊社とちょいとした
トラブルがあり

直ぐにリカバリーされ
本日の面談となりました。

アポを頂戴した段階で私は
「これからもご一緒に」
と決めていましたが

話はよい意味で盛り上がり
むしろ、絆は深まりました。

「雨降って地固まる」とは
まさに「コノこと」で

トラブル前よりも
心証が大幅アップです。

お蔭さまで(感謝)
その後のデスクワークも

良いメンタルだったので
サクサク捗りました!

トラブルは起きないのが
一番ではありますけど

起きたときに
「逃げずに即、行動!」。

本当にこれだけで
「印象」が、がらりと
変わってしまいます。

起きたトラブルから
逃げ惑うのではなく

「即、行動!」で、むしろ
「かけがえのない存在」になる。

「ピンチ」も「チャンス」も
動かなければ
そもそも、発生しませんから。

____________________

ビジネスが長続きするファクター。

2017.11.21 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月21日(火)】

<ダイジェスト>

東京の自宅から

港区は芝公園へ。

その後は
日本橋茅場町で
ラストは銀座の一日。

<時々刻々の記>

朝一番の連絡で
大事な打ち合わせが
夕方から決まったので

スケジュールを
パパッと組みかえ

夕方から予定していた
業務を午前中に前倒し。

午前の業務を終えた後
東京タワー至近の

機械振興会館へ移動。

14時から3時間
流通問題研究協会さま主催
チャネル戦略研究交流会に参加。

その後は茅場町まで移動して

20年来公私にわたり

多大にお世話になっている
Hさんとの重要な打ち合わせ。

冷静で端的で図星な
アドバイスをご意見を頂戴し
心からの感謝と至らぬ反省を。

ラストはご無沙汰かつ
お世話になっている会計士の

Y先生も交えて
3人で鍋をつついて暖をとり

場所を変えて銀座で
二次会、そして三次会へ。

豪放磊落なれど
心優しきHさんのご配慮に
大感謝の長い一日でした!

______________________

■<2>ビジネスが長続きするファクター。
______________________

前段に書いたHさんと
私が出会ったのは
今を遡ること20年前。

当時の私は
ベンチャーキャピタルに
勤務していて

いわゆる「イチ担当者」として
Hさんが経営していた
会社に出入りしていました。

その後、私は転職してしまい
6年ほどご無沙汰していましたが

2006年に独立した際に
いの一番にお声がけいただき

顧問として株式上場の
お手伝いをさせて頂き

無事に上場が実現して
会社も大きくなって

Hさんは後進に道を譲られて
新たな事業を推進されています。

以来、事あるごとに
お客さまをご紹介いただき
ご一緒にお仕事させていただき

プライベートでも多大に
お世話になっています。

昔も今も変わらず
お付き合いくださる大切な方。

「ビジネス」が軸で出会い
今も「ビジネス」をしていますが

「利害得失」
だけではない
「絆」を大事にしている。

Hさんのあり方を
端的に言うと、これに尽きます。

「ビジネス」に「利害得失」は
当然のこと。

が、それだけを追求すると
特に私らのような中小企業は
間違いなく、大手に勝てません。

一人の人間として
経営者の端くれとして

こうして己をありようを
見つめ直すことが出来る

「絆」をこれからも
大切にしていきます。

____________________

変わらぬ「観点」に敢えて着目。

2017.11.20 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月20日(月)】

<ダイジェスト>

終日、東京23区内。

足立区と新宿区を往復の一日。

好天だけど、寒かった、、、

 

<時々刻々の記>

寒くて目覚めた朝、、、

 

 

午前中はデスクワークに
勤しんで

正午に母を連れて
自宅から西新宿の
東京医科大学病院へ。

 

月に一度の介助は
主治医の配慮もあり
今回は1時間強で終了(感謝)。

 

 

終えて15時半に自宅に戻り
1時間ほど仕事をしてから

17時に足立区千住にある
お世話になっている
ディーラさんへ。

 

父の車の名義変更と
保険の切り替え手続きをして

その後は自宅に戻り
母と夕食を共にして
夜半までデスクワーク。

 

 

そんな一日でした。

 

 

______________________

■<2>変わらぬ「観点」に敢えて着目。
______________________

 

 

20日の月曜日は車で
足立区の自宅から新宿区まで
車で往復しました。

 

 

月曜日かつ「ごとう日」
ということもあり

相当な混雑を覚悟していましたが
「拍子抜け」でした、、、

 

 

予期せぬ事故やトラブルは
曜日や日時に関係なく起きるので
仕方がないにしても

「昔の常識」が必ずしも
当てはまらないなと実感でした。

 

 

よくよく考えれば
新しい道路も開通し
街も駐車場も日々整備され

よい意味で環境は
変わっている訳ですが

イチド沁みついた
ヒトの観念は容易には
変わらないもんですね(反省)。

 

ビジネスの世界でもし
間違った観念で進めたら

会社はとんでもないことに
なっちゃう訳です。

 

 

ゆえに、事前に調査分析などを
しっかりやる訳ですが

「ヒトの観念」や「想い」は
そうそう簡単に変わらない。

 

 

ここに着目したアプローチ。

 

 

顧客に寄り添うための
重要なファクターかも。

 

 

____________________

 «   2020年 6月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)