アーカイブ
archive

バックナンバー

「リアルサーフィン」の効用。

2017.06.18 (日)

こんにちは。
垰本泰隆です。
本日も快晴。
最高気温、夏日26度の札幌。
今日は午前中のうちに仕事を終わらせる、
という計画は、あっさり頓挫・・・
追加の書類チェック依頼と格闘し、
気づいたら16時・・・
業務終了後、自宅近くで開催されていた
「パンcafé」のイベント会場へ。
会場内は、多くの人で賑わい。
お世話になっているシェフの姿を発見し、
ビール&サンドイッチで
昼だか夜だか分からない(笑)
食事にようやくあり付きました!
心も腹も落ち着いたので、
徒歩圏内の大型書店へ。
お目当ての本を中心に、
その場で「ビビッ」ときた、
書籍を何冊か購入。
こんな一日(笑)
書店には、定期的に行きます。
半分、趣味みたいなものです(笑)
日々の生活の中で、
様々なチャネルから得る情報で、
「これ買おう」と決めたのは、
メモ書きして溜めときます。
買うことを決めた書籍を中心に、
店内を徘徊して「これは」
と思ったものを一緒に購入します。
ネットで購入すれば便利なのは
判っているのですが、
息抜きを兼ねてというか、
時代遅れというか(笑)
でも、
「リアルサーフィン」的な徘徊が、
結構、新しい発見や、
思索をするのに、
私の場合は役立っています。
「ネットサーフィン」もいいけど、
たまには「リアルサーフィン」も、
悪くないですよ。
明日からも
「湯船読書」に励みます(笑)

「お茶」から「シカ」へ?

2017.06.17 (土)

こんにちは。
垰本泰隆です。
朝から快晴の札幌。
朝から家事と、
書類チェックと作成に追われましたが、
天気がいいと、やっぱり、いい気分。
仕事もはかどり、14時過ぎに目途が立ち、
テレビをつけたら、
「ご飯のお供」的な食材が紹介されていて、
ちょうど、
北海道の商品が紹介されていました。
この商品、お茶屋さんが作った
「エゾシカの佃煮」
お店、自宅のすぐ近く。
全く知らなかった・・・
何故、お茶屋さんが、佃煮を?
その理由は、
お茶には、キレイな水が不可欠。
水源を守る

森林を守る

エゾシカを一定数、駆除することが必要。
でも、エゾシカには罪はない。
駆除したエゾシカを「活かす」ために、
佃煮を作られたと。
ささりましたね。
「ストーリー」というか、
「商品化に至る、ものがたり」に。
因みに、ほうじ茶を活用して、
シカのクセを取っていて、
「お茶漬け」でもいけますと。
普通に考えたら関係ないですよ。
「お茶」と「シカ」
この発想力と、横展開。
あらゆるビジネスに、
活かせるのではないかなと。
学んだあとは、早速実践。即行動。
思わぬ出会いを得た、
土曜日の札幌でした。

「インバウンド」の「変遷」を体感。

2017.06.16 (金)

こんにちは。
垰本泰隆です。
今日も、良いお天気の福岡中心部でした。
最高気温は28度。
昼過ぎまでお仕事した後、福岡空港へ。
14:30発の飛行機で、新千歳空港へ。
宿題を「やるぞ!」と乗り込んだのに、
着陸寸前まで爆睡(反省)。
着陸前の機内放送で「只今の気温、18度」。
寒くない(嬉)。
JRと地下鉄を乗り継ぎ、18時過ぎに事務所に到着。
爆睡のツケは、当然ながら事務所でツケバライ。
自業自得・・・・・
6日ぶりに帰還した札幌は、
「北海道神宮例祭(札幌まつり)」の最終日。
踊る若者、歌う若者、浴衣の若者、○走族を横目に、
仕事を抱えて、馴染みのお店で乾杯!
5泊6日の巡業、
移動距離は約5,000キロ。
いや、動きました(笑)
今回の九州出張、私の行くところ、
仕事場以外は必ず、
インバウンドのお客さんがいらっしゃいました。
具体的には
「ホテル」「飲食店」「新幹線」「飛行機」
そして、「神社(笑)」
団体さんはお見かけせず、全て「個人旅行」の方々。
特に飲食店では、
隣の人、中国語で「○○」って言っているよ、
と、一緒に行った友人に指摘されなければ、
気づかない位、周囲に溶け込んでいました。
新幹線の車中も、隣も、前も、
インバウンドのお客さんでしたが、
降りる時に、
「ゴミを片付け」「リクライニングを直し」と。
乗車中も、とても静か。
当方、全くストレスなし。
全部が全部、そうじゃないのでしょうけど、
確実に、変わってきていますね。
ドメスティックな自分の、
チープな「先入観」が恥ずかしかったです。
私が出会った方々は、
「日本のファン」
「日本のリピーター」なんだと思いました。
理由は「直感」です(笑)
私の尊敬する先生の教えである
「ファン&リピーター」の、
「Wish」を感じ取り、行動し続けることを、
改めて誓った一日。

「ご縁」を紡ぐための、「ほんの一言」。

2017.06.15 (木)

こんにちは。
垰本泰隆です。
本日も快晴の福岡でした。
窓越しの日差しも強烈。最高気温、30度!
でも、朝から21時過ぎまで、
一歩も外歩きなしの一日で、体感できず。
理由は、ホテル、仕事先、昼食と、
全てが地下道で繋がっていたから(笑)
10時過ぎに、「戦友」である、
20年来のお付き合いの証券会社の方より電話。
「某社が上場承認されましたよ。」と。
10年ほど前に、一緒に訪問し、
お手伝いをさせて頂いたお客さま。
嬉しかった。
そして、おめでとうございます!
後日、お祝いをしましょうと約束して、
嬉しい気持ちで過ごした一日。
福岡最後の夜は、
店主とは15年来の付き合いになるお店へ。
店主とは、互いに20代後半の時に、
私が熊本出張時に、
ふらりと入ったお店での出会いが始まりです。
私の20代から、
今に至る40代までを通しで知っている数少ない方。
私の酒歴?食歴?を、全てご存じです(笑)
「昔は、出したもの、どんどん食べたのに、
今は、年相応に細くなりましたね。」
なんて(笑)。
店主は大阪のご出身。
熊本で修行をされ、
そこでのご縁から福岡に移り、さらに修行され、
今は一国一城の主。
互いに、プライベートな連絡先も、
予定も知らなかったのに、
何故、今まで続いたかを振り返りますとね、
「ほんの一言」と「人の助け」なんです。
私が10年ほど前に熊本に行った時、店にいなかったので、
「今日休み?」と聞いたら「辞めました」と。
「残念だけど仕方ない」と思っていたら、
応対してくれた方が、
「垰本さん、福岡によく行かれるでしょ。
今はここにいますよ。」
と、こんな訳で、ご縁が続いた訳です。
普段はご無沙汰ご無礼ばかりなのに、
「節目」には必ず「連絡」をくれる「戦友」。
そして、放っておいたら切れてしまうはずの
縁を繋いで下さった方。
「ご縁」の
「あり難さ」「大切さ」に包まれた一日。
でも「ご縁」を紡ぎ続けるには、
「ほんの一言」を発することが大切だな、と
改めて感じた一日。

「同じ」だけど「違う」。

2017.06.14 (水)

こんにちは。
垰本泰隆です。
快晴の福岡の一日でした。
最高気温、27度!
日差しは強かったですが、
湿度が低く、快適!
終日、建物の中でお仕事。
14時前に遅い昼食のついでに、
毎月恒例(?)の櫛田神社へ参拝。
山笠の準備が着々と。
私以外、殆どインバウンドのお客さん。
さあ、そろそろ、終わり!
と思った矢先に、お客様からお電話頂き、
打ち合わせ開始。
計3本の電話を終え、時計を見ると、
間もなく、21時・・・・・
慌てて飛び出し、
会食の待ち合わせ場所へ。
いつも歩いている場所なのに、
電話しながら歩いたせいか、注意力散漫・・・
道に迷って、ようやく到着。
福岡の美味しい焼き鳥と焼酎で乾杯!
月曜日の夜、
鹿児島のホテルで、PCに向き合いながら、
NHKを流し聞いていた時に、
「高知県大川村が、
議会を廃止して村総会設置の検討を開始」
というニュースが。
確か、
北海道の自治体の名前も出ていた気が・・・
翌日は、全国紙、地元紙共に、
そのニュースを掲載。
これで終わりかと思いきや、
九州の地元紙は、小さなコラムでしたが、
本日も掲載していました。
各紙の論調は、当然、様々ですし、
「事実」を知るだけなら、
TVでも、ネットでも、新聞でも
「知る」ことは出来ます。
ただ、受け止める側の事情や立場で、
それをどう「解釈」するか、
それを我が事としてどう「活かす」か、
「考える」かは、
当然ながら、人それぞれです。
私も、東京中心の生活をしていた昔であれば、
間違いなく聞き流して、読み流して、
「ふーん。そうなのだ。」
で終わったと思います。
末席で地域の様々な
お手伝いをさせて頂いている者として、
「事実」だけを見て、
「知ったふり」
になってはならないなと。
「受け止めて」
「考えて」
「活かすこと」
「解決の努力をすること」
を改めて痛感した次第。