北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

◆ご縁ゴト◆ 
<2020.10.27 Vol.1240>

なぜならば、財布が別々だからですよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズ
LINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。
下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本メールマガジンは
ベンチャーキャピタルを経て

ベンチャー企業2社の
CFO(最高財務責任者)として
2社連続で株式上場を達成後に独立。

独立後は一貫して

「企業の事業承継」

「株式上場準備実務」

「企業成長」「事業再生」

に取り組み通算で25年目の
垰本泰隆(たおもとやすたか)が

「ご縁」に感謝して思う「コト」
『ご縁ゴト』をお届けしています。

皆さまのビジネスのお役に立てれば幸甚です。

★垰本泰隆プロフィール★
https://bit.ly/3lU7aUP

★垰本泰隆ブログ「ご縁ゴト」★
https://bit.ly/2FAiUfF
___________________________

目次

■<1> 垰本泰隆の一日。

■<2> なぜならば、財布が別々だからですよ。

■<3> 編集後記&お知らせ
___________________________

【10月26日(月)】

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

快晴で昼間は実に過ごしやすかった
秋を感じる東京の一日でした。

<時々刻々の記>

朝、1時間ほどメールと
LINEでのやり取りを済ませて
10時よりZoom会議を1時間半ほど。

お昼を食べて13時過ぎに
母と一緒に車で出発。

渋滞なしでスムーズに
40分ほどで西新宿の東京医大病院に到着。

2カ月に一度の
母の通院治療を待っている間は

2件の電話相談と
近くのカフェでPCワークを。

16時半過ぎに治療を終えた
母と合流して家路へ。

多少混んでいましたが
それでも以前に比べれば
実に快適、1時間ほどで帰宅。

2時間ほどお仕事した後は
晩御飯を食べて暫し食休み(*^-^*)

休憩後のラストワークは
定例の原稿を1本ドラフティングして
オヤスミナサイzzz

____________________________

■<2>なぜならば、財布が別々だからですよ。
____________________________

昨日のメルマガ(ブログは下記)で
https://bit.ly/2HDwIqP

企業の買収を行う際に
被買収候補企業の借入金について

それを貸し付けている銀行から
現在の経営者に代わって
買収者が個人保証してくださいと言われたら

「応じる必要はありません」

「個人保証がマストなら
 その会社の買収はさっさとやめて
 次の会社を探しましょう」

と、私は申し上げました。

本日はその根拠を書きますね。

昨日もご紹介した
中小企業庁のホームページにある
「経営者保証のガイドライン」(下記)。
https://bit.ly/37H7F0M

上記にページの(1)

「法人と個人が明確に分離されている場合などに
経営者の個人保証を求めないこと」という記載。

これを私なりに言い換えれば
今までのオーナー経営者と違う方
いわば、あかの他人が会社を買収するなら
その人に個人保証を求めちゃダメよ。

ってこと。

で、そもそも銀行が中小企業の
オーナー経営者に個人保証を求めるのは
なぜなんでしょうかね?

それは
株式のほとんどを持つ
オーナー経営者とは
イコール、その会社そのもの。

つまり同一視されている。

もっとぶっちゃけた言い方をすれば
株主(社長)の財布と
会社の財布は一緒でしょ。

ようは個人的な経費の支払いも
会社のお金でしているんでしょうから

会社がお金を返せない時は
社長が返してよね。という理屈。

実態がどうなのかは別にして
銀行の立場に立って考えると
一定の合理性がある考え方ではあります。

んが、繰り返しますが
今のオーナー経営者から
「あかの他人」が会社(株式)を
「譲り受けた時点」では

普通に考えて
被買収企業と新オーナーの
財布は完全に別じゃないですか。

なので買った時点では
法人と個人が明確に分離されているという

中小企業庁のホームページにある
「経営者保証のガイドライン」(下記)に
https://bit.ly/37H7F0M

見事に合致しているとなるわけです。

おそらく多くの方々が
中小零細企業の銀行借り入れには
個人保証が絶対条件だ!

という先入観があると思います。

確かに一面の事実ですが
M&Aにおける会社の買収では違います。

こう考えるとM&Aの
心理的ハードルが少し下がるのでは?

そして買収した後の運営で
どんなことに気をつけなければ
ならないのか?

自ずと見えてきませんかね。

そうはいっても、よう分からんわい!
もっと教えろや!という方
下記のメニューをご用意しております。

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご覧ください↓)
 https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・ZOOMどちらでもOK)のお申し込みは
 下記までお気軽にお問い合わせください※
 https://bit.ly/3kG6ylL

お気軽にどうぞ(^^;)

____________________

■<3> 編集後記
____________________

平日に茅場町の
東京事務所で仕事をするのは
実に3週間ぶりです(*^-^*)

パートナーとリアルで
軽く打合せをしたほかは

全部Zoomでの打ち合わせなので
別に事務所じゃなくてもいいんだけど
気分転換と運動不足の解消ということで(笑)

____________________

■ お知らせ(弊社グループのご提供サービス)
【お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!】
 https://bit.ly/3kG6ylL

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

オンラインもしくは対面での
スポットコンサルティングサービスを
1時間単位でお受けいたします!

・資金調達や資金繰りにお悩みの方

・事業承継やM&Aをお考えの方

・株式上場(IPO)をお考えの方

・関東、中部、北海道で販路開拓をお考えの方

【お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!】
 https://bit.ly/3kG6ylL 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※聞いた後からすぐに使えるノウハウをお渡しします※
『起死回生の資金調達法〜土壇場の哲学、修羅場の論理〜』

※個別・出前講座と個別相談をパッケージでご提供!
(オンライン・対面、どちらでもOKです)
 お問い合わせ、お申し込みは下記よりお願いいたします。
 https://bit.ly/3lSWw0D

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<足りない「人」「モノ」「金」をサポート!>>

1)IPO(株式上場)準備(関与先の多くが上場を実現!)

2)営業支援(4年間で売上2億円から22億円(11倍)に成長!)

3)社外CFOサービス(社長の参謀サービス)

4)事業承継支援、M&A支援、デューデリジェンス

など、ハンズオン(実践)サポートをご提供します!

【主な業務実績は、下記をご参照くださいませ!】
 https://bit.ly/3dwQdNo

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
 https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・ZOOMどちらでもOK)のお申し込みは
 下記までお気軽にお問い合わせください※
 https://bit.ly/3kG6ylL

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★ウェイクアップ北海道★
(↓チャンネル登録は、コチラから↓)
https://bit.ly/3nSxQY5

↓下記から友だち追加をよろしくお願いします!↓
https://lin.ee/5qY1Zfi

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★メディア掲載のお知らせ(下記をご覧下さい)
https://bit.ly/3nWBZtR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テトラフォース・パートナーズL.L.P.
https://www.tetraforce.jp/

株式会社北海道PVGS
https://hokkaidopvgs.jp/

ウェイクアップ北海道
https://wakeuphokkaido.com/
_________________________________

発行元 :テトラフォース・パートナーズL.L.P./(株)北海道PVGS
発行責任者:垰本 泰隆(たおもと やすたか)

※まことにお手数ですが配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://x.bmd.jp/bm/p/f/tf.php?id=hokkaidopvgs&task=cancel

(C)Copyright 2017-2020 Tetra-force&Hokkaidopvgs Yasutaka Taomoto 記載事項の著作権は当方に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい